浦和の始動日からフル稼働も「個人としてはすごく良い状態」

 浦和レッズのMF江坂任は、チームの沖縄県トレーニングキャンプへ合流し、1月25日の午前練習後にオンライン取材に応じた。先日まで国内組の日本代表合宿に参加していたなかで、「強度と切り替えの部分をチームに還元したい」と話した。

 江坂は昨夏に柏レイソルから浦和に移籍すると、前線に変化をつけつつ自らゴールを狙える存在としてリカルド・ロドリゲス監督の絶大な信頼を獲得。シーズン後半戦の公式戦は全試合に出場するフル稼働で、天皇杯の決勝戦でも先制ゴールを奪うなどタイトル獲得にも大きく貢献した。

 その決勝戦が昨年の12月19日で、浦和の始動日が今月15日。そして日本代表の合宿が17日にスタートという日程だった。シーズン中のフル稼働については「あまり休みたくないタイプなので、ずっと出られて良かった。出ているほうがコンディションも上がっていく」と話す。そして、「そこまでガクッと落とせなかった部分はあるけど、1週間くらいはしっかり休んでリフレッシュができた」と、疲労の蓄積は問題ないとした。

 そして、浦和からはDF酒井宏樹とともに代表合宿に参加。ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のメンバーに残ることはできなかったが「代表に向けて個人でもやっていたし、代表でもインテンシティーの高い練習をしていたので、個人としてはすごく良い状態だと思う」と話す。最終日に行われたトレーニングマッチの後、DF長友佑都は江坂を含む選手たちの名前も出して「すごく落ち着いたテクニックのある選手たちで、球際も戦える」と絶賛していた。

 直後に沖縄入りして浦和のキャンプに合流しているが、代表合宿でチームを離れていた反面、浦和に与えられるものも話している。

「代表では強度が高かった。そこと切り替えの部分をチームに還元して、チームに良いものを与えたい。(ロドリゲス監督の)ポゼッションサッカーのところでも、切り替えが大事だと思う。そこでボール保持の時間が増えるし、チャレンジしても奪い返せばまた自分たちが攻撃してチャレンジしていけるので」

ポリシーは「江坂がいたから今日は勝てたよね」というプレーの表現

 浦和は2019年末に打ち出した3年計画の最終年を迎え、西野努テクニカル・ダイレクター(TD)は「結実の年」と表現して最優先の目標を2006年以来のリーグ優勝に定めている。J1王者・川崎フロンターレとの差は小さくないが「得点力がないと勝てない。そのところで差を埋めないと上には行けないと思う。また、去年で言うとガンバ大阪戦やセレッソ大阪戦ように試合の終わらせ方が良くなかった試合もあった。試合巧者になっていかないといけない」と、課題を話している。

 今や浦和の攻撃の中心となった江坂のポリシーは「江坂がいたから今日は勝てたよねというプレーができるのが一番」というもの。代表合宿で感じたインテンシティーの高いプレーを、新加入選手も多く若返りが進むチームの中で表現することが、ロドリゲス監督の求めるサッカーを機能させることにもつながる。今季も浦和の前線で躍動する姿が見られそうだ。

FOOTBALL ZONE編集部