大会3連覇へ、日本が2勝1分の首位でグループ突破

 なでしこジャパン(日本女子代表)は、女子ワールドカップ(W杯)予選を兼ねた女子アジアカップに参戦しており、1月27日のグループステージ第3節の韓国戦で1-1と引き分けた。2勝1分で決勝トーナメント進出を決め、30日の準々決勝(日本時間17時キックオフ)でタイと対戦する。2011年に日本サッカー界初のW杯優勝を経験した元なでしこジャパンDF岩清水梓(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)に、グループステージの3試合を総括してもらった。(取材・構成=FOOTBALL ZONE編集部)

   ◇   ◇   ◇

 女子アジアカップを戦っているなでしこジャパンは、初戦のミャンマー戦を5-0、ベトナムとの第2戦を3-0、そしてグループ最終戦の韓国戦を1-1と引き分け、2勝1分のグループ首位で決勝トーナメント進出を決めました。

 1戦目のミャンマー戦は相手がブロックを作るなかで5ゴールを決めたことは評価できると思います。相手も守備を固めてきましたし、GKのレベルもすごく高いと感じたので、なかなかゴールは割れないなと印象もありました。そのなかで5ゴールが取れたのは非常に良かったと思います。

 続く2戦目のベトナム戦も、ミャンマーよりレベルが高いので前半は少し苦戦していましたが、GKのミスに対して、ちゃんと詰めていた成宮唯選手のゴールで先制しました。ラッキーなゴールと言えばそうですけど、そこにいるかいないかの差は大きい。そういう意味では虎視眈々と狙っているところが、大事なゴールになりました。成宮選手はしたたかさというか、予測して走り込めるという彼女自身の特徴を、今大会をとおしてしっかりと表現できている選手だと感じています。

 第3戦の韓国戦は、これまでとはまったくレベルが違いました。初戦も第2戦でもほとんど守備に回る時間がなくて、最終ラインにかかるプレッシャーもありませんでした。でも韓国戦では最初の得点のチャンスが日本側にあったというだけで、逆に韓国側に同じようなスピードを使ったシーンがあったら、また違った展開になっていたかもしれません。両チームとも、過去2試合での対戦相手とはレベルが違う相手との対戦になったので、立ち上がりからゲームが動いたということは非常に大きなポイントだったと思っています。

 特に引き分けでもいい、という考えがチームに浸透していれば、あの時間帯での先制点は本当に大きかった。相手は早い段階から2点を取らないといけない状況になりましたし、最後に決められたのが後半40分でした。この時間帯は、残り時間をどう戦っていけばいいのかを迷う時間帯ではなく、跳ね返して時間を稼げばいいという時間帯だったので、早い時間帯に1点を取っていて、1-0の時間帯が長かったというのを考えると、精神的に優位に試合を運べていたと思います。

 ただ、失点したあとにあったCKは見ていて怖かったですね。ゴールが決まった時はチ・ソヨン選手が蹴っていなくて、中にいたので怖さを感じていたんですけど、失点したあとのCKはキッカーだったので一度跳ね返せば大丈夫かなと思って見ていました。

守備面では危ないシーンはないが、攻撃面での課題は残る

 韓国戦では守備に回る時間帯もようやく出てきたのですが、球際への行き方が深くなった印象があります。足先ではなく、深く体ごとボールを奪いに行っているシーンがより見られた印象です。

 韓国との球際での戦いは十分に戦えていたと思いますし、相手に起点を作られそうなところでも、南萌華選手、熊谷紗希選手のところで跳ね返す作業はちゃんとできていたので、前向きに守備ができれば強さを出せると感じましたね。そして裏を取られない、難しい状況を作らせないこともセンターバックの仕事だと思うので、そういう意味でも危ないシーンはなかったと思います。

 それに最後にイ・ミナ選手がドリブルで入ってきたシーンでは、南選手が釣り出されて、最後は宮澤ひなた選手がクリアしましたが、最後の最後でチームで守るというところが見えたので、守備面では大きな問題はなかったと感じています。

 ただ、グループステージ3戦を通して厳しい目線で言うと、ボールは持てているけどチャンスの数が少なく、最終的には止められてしまうシーンもあったという点は気になります。ペナルティーエリア内でもうちょっと連係とか、GKと2対1を作るとか、それぐらい崩しても良かったんじゃないかと思いました。単純に相手とのレベルの差を感じていたならば、そのうえでもっと数的優位を作ったり、1枚かわしたり、何かもっとペナ内でやるべきことは多かったんじゃないかなと思います。

 さらに課題も見えてきました。韓国戦の先制点のあとで、長谷川唯選手、成宮選手のチャンスはありましたけど、後半はありませんでした。どうやってチャンスを作っていくのか、についてはこれからの課題だと思います。

 前半は前で押し込んで相手のクリアボールをDFが奪って2次攻撃につなげる構図になっていましたが、全体的にビルドアップして陣地を挽回できるようにならないといけません。そういった前半のような前向きな守備をやっていかないといけない。そこは今後、相手が高いレベルになってくると必要になると思います。

 グループステージ3試合で評価したいのは成宮選手です。新しいチームになって代表メンバーに加わった選手で国際大会での経験は浅いと思いますが、技術も発揮できて、結果として3ゴールを決めているので、そこは十分に評価できますし、なでしこジャパンの新しいピースの1つになったと思います。ボールを預けたあとに動き直しができる体力、運動量があるので連続した動きがチームの活性化につながっていると思います。

 ただ、後ろに位置する清水梨紗選手がオーバーラップで上がるシーンがあまり見られなかったので、ピッチ外でのコミュニケーションをもっと深める必要があります。縦関係での連動が増えてくると、もっと成宮選手のプレーエリアが広がるんじゃないかと思います。

決勝トーナメントでは田中美南選手のゴールに期待

 次戦の相手はタイです。単純に言ってスピードがあるチームです。アジアでは東アジアが強くて、その次の勢力に位置するのがタイです。近年、徐々に力を付けてきている印象があるので、油断はできない相手なんじゃないかなと思います。ちょっとやりづらさはあるけど、ボールは持てる。そのうえで、たまにカウンターが来る。そんなグループステージ2戦目のベトナム戦のような試合展開になるのではないかと思います。

 そして次は来年のW杯出場権が懸かった大事な一戦です。相手のレベルがどうであれ、まずは自分たちのゴールに出場権が懸かってくるので、W杯出場を決めるゴールを誰が決めるのか。個人的にはそこに注目していますし、今から楽しみです。

 韓国戦でベンチに復帰した岩渕真奈選手が次のどの辺で出てくるかも気になりますが、このあとは3連覇に向けて大事な試合が続くので、そこでピッチに出てきてもいいのかなとも思っています。そういう意味では、ゴールを待望されている田中美南選手に決めてもらえたら嬉しいですね。

 韓国戦ではピッチに入った時間帯が、相手が優勢になっている状況だったので、孤立してしまう時間帯も多くて彼女の良さを出しづらかったと感じました。そのなかでも頑張ってキープしたり、周りを生かしたりするプレーなど、与えられた仕事をやってくれていたと思います。

 ただ、FWである以上、結果=ゴールを求められるのは仕方ないことです。グループステージでゴールを決められなかったことは田中美南選手がすごく気にしているところだと思いますが、ここからが本当に大事な試合が続いていきます。決勝までの残り3試合、欲しいところでゴールに絡んでくるのが田中美南選手だったらうれしいですね。みんながゴールを決めてほしい選手だと思っていると思いますし、東京五輪でも大事なチリ戦でゴールを決めてくれたのは田中美南選手でした。欲しい時、苦しい時にゴールを決めてくれるのがエースだと思うので、田中美南選手に期待したいと思います。

 実は、準々決勝の解説を中村憲剛さんと務めさせていただくことになりました。個人的には、試合展開が停滞してきた時にゴールを奪うためにどうしたらいいのかを、憲剛さんに聞いてみたいと思っています。それに憲剛さんならどう解説するのかも聞いてみたいです。例えば、韓国戦で言えば、どうやって日本のペースに持って行きますか、とか。J1リーグのトップクラブを牽引してきた憲剛さん的な分析を個人的に聞いてみたいと思っています。2人で一緒に解説を務めますけど、勉強させてもらいたいですね。今から楽しみです。

FOOTBALL ZONE編集部