長友のスタメン落ちについて「これまでの起用法などを見ても可能性は低い」

 森保一監督率いる日本代表は、1月27日にホームで行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第7節の中国戦で2-0と勝利した。スタメン出場したDF長友佑都(FC東京)の起用法を巡って議論が巻き起こっているなか、「天才ドリブラー」として1970年代から80年代にかけて活躍し、解説者として長年にわたって日本代表を追い続ける金田喜稔氏が持論を展開した。(取材・構成=FOOTBALL ZONE編集部)

   ◇   ◇   ◇

 最終ラインで左サイドバック(SB)の定位置を確保している35歳のベテランDF長友は中国戦でもスタメン出場。最終予選で7試合連続スタメン出場を続け、後半13分に24歳DF中山雄太(ズウォレ)と交代した。

 長友から中山に途中交代する流れは最終予選の第3節サウジアラビア戦(0-1)から継続しており、今回で5試合連続。中国戦で途中投入された中山が絶妙なクロスからFW伊東純也(ヘンク)のゴールをアシストしたこともあり、中山をスタメンに推す声も強まっている。また長友、FW南野拓実(リバプール)の左サイドは機能不全の傾向が続いており、「左サイドは今のところ機能していないし、崩しのバリエーションを増やさないといけない」と金田氏も改善ポイントに挙げた。

 金田氏は「日本が4連勝した状況のなか、徐々に中山のいいプレーが増えている。先発でもおかしくないと思う」と前置きしつつ、長友のスタメンは揺るがないと予想している。

「では、長友は先発失格なのかというと、そうとも言い切れない。いじれないと思う。森保監督とすれば『負けてないのになんで?』となるだろうし、負けていても代えないのかもしれない。4連勝しているのも大きいが、長友を途中で代えることはあっても、先発から外すことは、これまでの起用法などを見ても可能性は低いと思う」

“長友→中山”の交代策に理解「監督がベンチに置いておきたい気持ちも分かる」

 次戦も長友スタメンの可能性が高いと見ている金田氏だが、日本が高さを重視する場合、状況が変わってくるという。

「ただ相手がオーストラリアなど高さのあるチームと対戦する時は話が別だ。高さの点で不安が残る長友に代えて中山の起用は十分あり得る」と指摘。さらに、強豪国などボールポゼッションの高いチームと今後対戦する際も、押し込まれる時間を踏まえて中山に分があると見ている。

 金田氏はあくまで最終予選限定としながらも、“長友→中山”の交代策に理解を示す。

「長友に代えて中山をスタメンに推す声もあるが、中山はさまざまな役割やポジションができて、いろんな状況に対応できる“左サイドの切り札”でもある。これほど心強い存在はない。今回の最終予選で、中山はそういう立場であり、監督がベンチに置いておきたい気持ちも分かる」

 2月1日の第8節でサウジアラビアと対戦する森保ジャパン。前回対戦で0-1と敗れた相手にどんなメンバーを送り出すのだろうか。

FOOTBALL ZONE編集部