W杯アジア最終予選の中国戦を読者が評価

 日本代表は1月27日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の中国戦に臨み、FW大迫勇也(ヴィッセル神戸)、MF伊東純也(ヘンク)の得点で、2-0と勝利した。「FOOTBALL ZONE」では、この試合に関する読者アンケートを実施。試合全体の印象について、守備を評価する声があった一方、「もっとできるはず」「ワクワクがない」という厳しい声も上がった。

 DF吉田麻也(サンプドリア)とDF冨安健洋(アーセナル)が揃って不在となったなかで、中国戦ではDF板倉滉(シャルケ)とDF谷口彰悟(川崎フロンターレ)の2人がCBとしてプレー。クリーンシートで終えた働きには「評価されるべき」「質が高かった」と好印象な意見が目立った。

 しかし、攻撃面には「決定力が低すぎ」と厳しい声も。格下の中国相手に一方的に攻め込みながらも、2得点に終わったパフォーマンスに「ちぐはぐ感」「もっとできるはず」と不満を示していた。

「ワクワクがない」―ラスト侍 さん―

「決定力不足を嘆く声があるが、厳しい守備で中国にチャンスらしいチャンスを作らせなかったことは評価されるべき」―釜本 さん―

「モヤモヤ感」―akiha さん―

「勝ち点3を取れたことは評価すべき。ただ不測の事態に備えてこなかったことにより攻守両面でのちぐはぐ感があり、強豪相手には通用しないと感じた。 やはりメンバー固定もある程度は良いかもしれないが、プランB、Cと状況に合わせて対応できるようにサブメンバー、戦術を今からでも1つでも持つべき。 権田、長友、大迫、吉田と監督が重宝してきたメンバー全員がいない場合にどのような対処するのか?不安に感じさせる内容が出た中国戦だったと思う」―けんしろう さん―

「日本のインテリオール2枚とアンカー、バックスの質が高かった。最終ラインでボール持った時にインテリオールが相手をピン留めできたから楔が1列目、1.5列目に入った。ただその割には決定的な仕事を前線がしきれてないと思う。右は伊藤がベストかと」―たろう さん―

「勝ち点上げ、けが人なく終われてて安心しました。センターを守る谷口選手・板倉選手安定感はすごく良かった。冨安選手・吉田選手は危機感を持った方が良いとも思えました。ワントップのオプション、大迫選手・前田選手・古橋選手の特徴を活かした戦術をこれから創りあげて欲しいです。長友選手・中山選手もコンディション良く攻守にわたって大活躍でしたが、ピッチに出てから左サイドバックもゲームの流れに応じて選手を入れ替えても良いとも思えました。ジャッジも安定していてレフリーはとても公平だったと感じました」―baggio さん―

「レベルを考えれば勝って当たり前の相手ですが、勝利という結果は事実なので嬉しい」―もげぽわん さん―

「長友、大迫などのベテランはもう代表にいらない。監督も忖度するような人選をしないでほしい」―森保田嶋解任 さん―

「もっとできるはず」―キョウスケ さん―

「1点、2点入ってるから悪い試合に見えないだけで、入ってなかったら完全に悪い試合。唯一良かった点はボールを失った後の切り替えが早かった。それを90分通してやればある程度は通用すると思う。悪かった点は中盤3人の関わりからと伊東純也でしか攻めれない。とりあえず戦術選手の監督は変えてほしい」―ふぁいふぁい さん―

「主力CB2人不在の中、守備は良かった。攻撃面は、特に左サイドが機能していない。大迫もコンディションは上がってるようだが、決定力や決定的なチャンスメイクはまだまだ足りない」―めいじ さん―

「ボール保持率の割に決定力が低すぎて、見てられなかった」―のむのむ さん―

FOOTBALL ZONE編集部