最終予選の中国戦を読者が評価、「ワースト選手」で長友に5割以上が投票

 日本代表は1月27日にカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第7節の中国戦に臨み、FW大迫勇也(ヴィッセル神戸)がPKで先制点を奪うと、後半にMF伊東純也(ヘンク)が最終予選3試合連続ゴールで追加点を奪い、2-0で勝利した。今回の試合を読者はどう捉えたのか。「FOOTBALL ZONE」で独自アンケート調査を実施したなか、「ワースト選手」について結果の一部を紹介する。

「ワースト選手」として、読者の5割以上が名前を挙げたのがDF長友佑都(FC東京)だ。中国戦で先発出場した長友は、見せ場を作れず後半途中でDF中山雄太(ズウォレ)と交代に。中山が華麗なクロスで伊東の追加点をアシストし、結果を残したこともあって、「先発ででるべきではない」「早く中山に席を譲るべき」と厳しい声が上がっている。

■DF 長友佑都(FC東京)

「遅いし、限界。ただ、チームをまとめてくれると思うので控えにいるならいい!」―なな さん―

「正直、通用していない。早く中山に席を譲るべき」―神父 さん―

「もう過去の栄光は捨てて先発ででるべきではない」―けんしろう さん―

「守備はまあまあだが、攻撃面で高い位置を取っていたのに、全然、前に運んだり展開したりが出来ていない。バックパスばかり。ラストパスも精度低い」―めいじ さん―

「ボールを縦に出せない、ボールを失う場面が目立ってた」―ヒロ さん―

「衰えている」―zuck さん―

「加齢によるものか認知から動作までが遅い。自覚してるのか急ごうとしてミスが出る」―アキナス さん―

「オーバーラップ時に中に入りすぎてしまい上手くパスが繋がらないシーンがいくつかあった。左からの攻めの印象が少ない」―shy14 さん―

「良さが全くない」―キョウスケ さん―

「高い位置でボールを受けてもチャレンジしきれず失敗する局面が多く見られた」―やまやま さん―

FOOTBALL ZONE編集部