クラブ史上初のACLベスト8進出、キャプテン喜田が歓喜

 横浜F・マリノスは、アジアナンバーワンクラブを決めるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)は決勝トーナメント1回戦、バンコク・ユナイテッド(タイ)との第2戦を2月21日に戦い、延長戦の末に1-0で勝利した。主将のMF喜田拓也はクラブ初のACL・8強入りに「クラブとしてその道を切り開き、新たな景色が見られると思う」と喜んだ。

 今回からACLは完全な秋春制に移行。横浜FMは昨年9月に開幕したグループリーグで4勝2分。勝ち点12で3チームが並ぶ大混戦ながら首位通過し、日本でのシーズンをまたぐ形になる決勝トーナメントへ進出。現役時代にオーストラリア代表で名サイドアタッカーとして活躍したキューウェル新監督が就任しての初戦は、敵地で2-2の引き分けだった。

 そしてホームでの第2戦は、攻め込む時間が長かったものの相手の守備に手を焼いた。90分の間にゴールを奪えずに延長戦に入ったが、その後半も終了間際に右サイドから途中出場のFW村上悠緋が切り込んで中央へラストパス。これを相手選手がスライディングでクリアしようとしたが、ボールは腕に当たりハンドの反則になった。当初はペナルティーエリア外のファウルと主審が判定していたが、反則はペナルティーエリア内だったというVARオンリーレビューでPKに判定が変更。これをFWアンデルソン・ロペスが蹴り込み、劇的な決勝ゴールで1-0の勝利を収めた。

 この試合のプレーヤー・オブ・ザ・マッチ(POM)に選出された喜田は記者会見で「このクラブはACL16強を越えたことがなく、歴史の上でベスト8が未知の世界と分かったうえでやっていた。僕自身も何度も壁に阻まれて悔しさを味わってそれを忘れたことはない。クラブの未来を切り開くために全員で力を合わせたハードワークで勝ち取れたのは嬉しく思う。クラブとしてその道を切り開き、新たな景色が見られると思う。ここで満足することはないし、このクラブならもっと上に行けると信じている」とコメントした。

 その後の取材エリアでは、手を焼いた印象のゲームについて「焦りはなかった。もちろん、仕留められたらいいけど簡単ではない。こういうゲームもあるかなと思っていたし、チームをコントロールしたいと思っていた。120分、PK戦でも勝つのが大事なこと」と、結果を残すことの重要性を改めて強調していた。

 ACLで日本勢は浦和レッズ、ガンバ大阪、鹿島アントラーズが優勝を経験している。Jリーグでは好成績を残している横浜FMが、4チーム目の日本勢によるアジア王者になれるか。まずは準々決勝でグループリーグでも対戦した中国王者の山東泰山を乗り越え、新たな景色へと旅立ちたい。

FOOTBALL ZONE編集部