パリコレで新ユニフォームが発表された

 アディダス・ジャパンは6月22日、サッカー日本代表の新ユニフォームを発表した。今回はアディダスとヨウジヤマモト氏によるコラボレーションブランド「Y-3」とサッカー日本代表による史上初のコラボが実現。21日に行われたパリ・コレクション(通称パリコレ)にて発表され、ランウェイに登場したモデルはU-23日本代表MF藤田譲瑠チマとなでしこジャパン(日本女子代表)MF長野風花が務めた。そのなかで、公開されたオフィシャルのビジュアルにはMF松木玖生がモデルを務めており、驚きの声が寄せられている。

 今回のコンセプトは「FIRE(炎)」で各カテゴリー日本代表ユニフォームを通して一貫したモチーフとなる炎のグラフィックは、山本耀司氏によるデザインとなり、日本代表が持つ「揺るぎない強さ」、そして「日本と言う国が持つ神秘的な力」を表現しているという。一つ一つの炎は選手やサポーターを表しており、各々の思いが渦を巻き集まって「炎の目」となることで、その力が日本代表の力として高く舞い上がる様子を表現しているという。

 また同時に発表された「カルチャーウェアコレクション」は大胆な炎の全面プリントで人気を博した90年代後半の日本代表ゴールキーパーユニフォームからインスピレーションを得てデザインされたようだ。

 40年以上パリコレにて新作発表をし続けてきた山本氏にとってフランスと日本を結ぶ着ける意味を持つコレクションだったという。同地では今夏に五輪が開催され、日本代表、なでしこジャパンともに新ユニフォーム「FIRE」を力に臨む。

 アディダスのオフィシャルビジュアルでは、全員パリ五輪世代となりMF久保建英のソロ起用と、藤田、松木、FW細谷真大のトリオのバージョンが公開された。モデルは通常アディダスとの契約選手が起用されるなか、ナイキ契約の松木が抜擢。SNS上では「松木adidasに変えるの?」「松木玖生!?ナイキじゃなかった!?」「NIKEと契約してる松木があそこに出てくるもんなぁ」「モデルが久保細谷藤田松木とは若い!パリ五輪向けリリースだもんね」「普通にadidasのサイトに載ってる」と驚きの声が上がっていた。

FOOTBALL ZONE編集部