3バック導入の西野J。酒井高、後ろが5枚になるのも「状況によっては必要」

3バック導入の西野J。酒井高、後ろが5枚になるのも「状況によっては必要」

 日本代表は26日、千葉県内で今月30日の国際親善試合・ガーナ戦に向けて練習を行った。

 この日、3バックを試した西野ジャパン。酒井高徳はウイングバックのポジションでプレーした。両WBが下がることで5バック気味に守るシチュエーションも出てくると思われる。酒井高はこう語る。

「5バックのいいところでも悪いところでもあるのは、最悪、ディレイできる。後ろに人がいるのでちょっと遅れても間に合う時もあるし、悪い意味で後ろに重くなる時もある。でも、それも状況によっては必要だと思う」

 だからこそ、その時々の判断が重要になる。

「出て行くところ、行かないところが両ワイドはすごく大事になると思うし、攻撃の部分ではより前に入った時に真ん中が密集してしまうと思うので、高い位置の取り方というのは大事になってくると思います」

 そして、相手の攻撃を食い止めるには後ろが5枚になるのも仕方ないと酒井高は考えている。

「それ(3枚で守りきること)は多分、日本人には難しいと思う。ネガティブなわけじゃなくて。もちろんそれができれば一番いいと思いますけど、組織力でカバーできるというか。コンパクトさだったり押し上げだったりというのをしっかりできる、戦術の読みだったりアジリティで相手より先に出てインターセプトができると思う。そういうずる賢さはすごく日本人は持っていると思うので。そういう意味で3バックの布陣は後ろに求められるクオリティが高くなってくると思います」

 ウイングバックとして出場した時、酒井高には攻守両面でチームの助けとなるプレーが求められる。

(取材・文:青木務)

関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索