日本と対戦、パナマ代表を知る。W杯初出場は一時代の終わり、新世代と新戦術で未来に挑む

日本と対戦、パナマ代表を知る。W杯初出場は一時代の終わり、新世代と新戦術で未来に挑む

コンディションに懸念。前日練習に全員揃わず…

 日本代表は12日に国際親善試合でパナマ代表と対戦する。ロシアワールドカップで初めて世界の舞台に立った中米の小国は、まさに世代交代の真っ最中。新時代のチームにふさわしい戦術を模索しながら、日本との一戦に臨む。(取材・文:舩木渉)

——–

 パナマ代表のロシアワールドカップでの戦いぶりを覚えているだろうか。初めての出場となった世界の舞台でベスト4に進出した2ヶ国と同グループになり、大会全体を見渡しても戦力規模は最小クラスでありながら、最後まで勇敢に戦い抜いた。

 そしてパナマ史上初のワールドカップ出場に大きく貢献した大ベテランたちが代表から引退し、監督も退任。新たに自国のサッカーを知り尽くした英国系パナマ人のガリー・ステンペル監督をトップに据え、12日の日本代表戦で就任2試合目を迎える。

 ステンペル監督は11日に行われた記者会見で「日本との対戦は私たちにとって大きな挑戦である」と語った。4年後のカタールワールドカップを目指すにあたって、新世代を融合させた、これまで以上の代表チームを作るというミッションは決して簡単ではない。

「パナマ国民はまさかワールドカップに出場する日が本当にやってくるとは思ってもいなかった」

 指揮官はそう語る。パナマは中米に位置する人口約400万人の小国で、最も人気のスポーツはボクシング。野球やバスケットボールも盛んで、「サッカーが一番」という環境ではない。そんな中で史上初めてワールドカップ出場という偉業を成し遂げたサッカーパナマ代表への国民からの期待は相当に高まっているという。

 とはいえ「確かにベストの状態でないのは事実」とステンペル監督は認めている。パナマ代表はメンバーこそ「JFAとの間で少なくともワールドカップのメンバーを15名以上連れてくるという合意が取り交わされていたため」にロシアで強豪国と戦った面々が多く揃っているものの、来日したのは20人しかいない。

 さらに、もともと予定されていたことだというが、多くの選手の合流が遅れた。11日の日本戦前日練習に参加したのは20人中19人で、その時点でMFミゲル・カマルゴはまだ新潟に到着していなかった。10日夜に到着したばかりのFWロランド・ブラックバーンとカマルゴの2人が日本戦に出場するのは困難で、長旅による疲労や時差ぼけの影響を受けているチーム全体にコンディション面で懸念があるのは間違いない。

キャプテンが示唆した戦術変更

 では、パナマは日本戦でどのような戦い方をしてくるだろうか。北米最高峰のメジャーリーグ・サッカー(MLS)でプレーする選手を多く抱え、欧州組もいてクオリティが高いのは間違いない。そのうえで日本代表の面々は「一発」を警戒しているようだった。森保一監督は11日の記者会見で「ブロックを作って、そこから守備をしてくる戦いをしている」とパナマを分析し、「非常に力のあるチーム。我々の力を試すにも素晴らしい相手」と気を引き締めていた。

 青山敏弘は「個の能力が非常に(高い)。特に身体能力だったり高さ、強さがあるので、いかに個でも負けないか、さらに組織として上回れるか、両方持たないと勝てない」と語る。

 GKの東口順昭はより具体的に「意外にボールを持とうとしてくるチームなんで、そこからの一発というのは気をつけなあかんと思う。身体能力は高いところがあると思うんで、GKとしては90分の中で、こちらがいくら主導権を持っていても、その一発を警戒しないといけない」と警戒心をあらわにする。

 一方、パナマ側は日本戦に向けていくつかのヒントを残してくれた。個人的な事情で選外となった本来のキャプテンであるロマン・トーレスから腕章を預かったアニバル・ゴドイは「システムに関しては少し変更があると思うが、基本的なプレーの考え方は同じで、重視しているのはコンパクトにプレーするということ」と戦術面の要点を述べる。

「システムの変更」というのは、9月に行われたベネズエラ戦(0-2で敗戦)から布陣を変えるということ。「ワールドカップでのフォーメーションに戻すということはない」とも語っており、ロシアでベースにしていた4-1-4-1から脱却を図るものと思われる。

 また、ゴドイは「相手にとって危険な状況を作り出せるような、均衡を崩していけるような選手たちがいるので、戦い方は少し変わるかもしれない」「コンセプトやプレーの考え方のところで、明日は少し変更があると思う」「相手にとってより攻撃的な状況を作り出すところを探っていきたい」ということも言っていた。

日本戦は4-4-2を採用か

 ワールドカップではグループ内の戦力値を比較しても圧倒的な不利は明らかだったため、特にイングランド戦などは6バックに近い形で守りを固めていたが、日本戦はシステムにも手を加えながら「コンパクトに」攻撃的なサッカーを展開してくるかもしれない。

 ステンペル監督の過去を見ると、パナマ代表の暫定監督を務めた他に、国内リーグのサンフランシスコ・クラブを指揮してCONCACAFチャンピオンズリーグに出場した実績もある。そこではダブルボランチを配置する4-2-3-1や4-4-2を採用していたこともあった。

 またパナマ代表の現行メンバーも4-4-2で戦った実績を持っている。例えばステンペル監督が「パナマがワールドカップ出場権を手にしてからちょうど1年」と思いを馳せた、2017年10月10日のロシアワールドカップ北中米カリブ予選のコスタリカ戦、2-1で勝利したパナマサッカー史に残る試合は4-4-2で戦っていた。

 これまでの4-1-4-1では最前線に30代後半の大ベテランが君臨していたこともあり、守備で運動量を期待することができなかった側面もある。世代交代を進める中で、よりアグレッシブに戦うとすれば2トップで高い位置から日本のセンターバック2人にプレッシャーをかける、あるいは日本の最終ラインからボランチへのパスコースを遮断しながらサイドに追い込んで人数をかけてカウンターに繋げるといった戦術を採用する可能性もある。

 パナマはワールドカップ直前から全く勝てていないが、昨年予選を突破した後にはウェールズ代表と引き分けるなど強豪相手に健闘を見せた試合もあった。そのウェールズ戦で採用されていたのが、2トップで相手のビルドアップを遮断する守備戦術。中盤へのパスコースを消して、サイドにボールを追い込んでいく戦い方だった。

 攻守においてチーム全体の連動性と運動量を両立させるのであれば、ベタ引きよりも組織的なプレッシングの方が、若い選手たちの特徴である身体能力の高さや爆発力を活かしやすい。11日の練習でも公開された冒頭部分で7対7にオフェンスのフリーマンを3人入れた、攻守の切り替えを意識づけるボールポゼッションのメニューを高い強度で実践していた。そのことも考慮すると、これまで以上に攻守に積極的なパナマ代表が見られるかもしれない。

パナマ新時代へ。日本の真価も問われる一戦に

 ロシアワールドカップでグループリーグ全試合に出場し、今後もパナマ代表の主軸を担っていくであろうゴドイは「(ワールドカップ初出場に貢献したベテラン選手たちは)非常に大きな功績を残したわけだが、彼らの時代、サイクルはワールドカップで終わった。これからはワールドカップに出場した中でも若手の選手、僕らの時代がやってきたと思うし、ベテラン選手たちが残してくれた道を歩んでいくことになる。僕たちの後に続く選手たちとも、引退した選手たちと同じかそれ以上の結果を残せるように頑張っていきたい」と語り、4年後のカタール大会や、8年後のアメリカ・メキシコ共催のワールドカップへの連続出場を目指す考えを強調した。

 ブラス・ペレス、ルイス・テハーダ、フェリペ・バロイ、ハイメ・ペネドといった、チームを長きにわたって引っ張り、ステンペル監督も「パナマのような小国にとって、それ以上の偉業はない」と絶賛する史上初のワールドカップ出場を母国にもたらしたレジェンドたちがチームを去った。今こそ新しい戦い方を見つけ、再び世界の舞台を目指す土台を作っていかなければならない。

 もちろん日本にとってもアジアカップに向けてチームを作る上で、多くの成果を持ち帰りたい試合に間違いない。相手が想定外の戦い方をしてくることも考えられる状況で、「相手がどういう戦いを仕掛けてきても、我々がそれに対応していくということ。変化に臨機応変に対応していくこと」という森保監督が重視する能力が、今まさに試されようとしている。

(取材・文:舩木渉)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索