中島翔哉の契約解除金、すでに52億! クラブ株主「セビージャには支払えない」

中島翔哉の契約解除金、すでに52億! クラブ株主「セビージャには支払えない」

 ポルトガル1部のポルティモネンセに所属する日本代表MF中島翔哉は現在、セビージャから関心を示されている。しかし、高額な契約解除金が設定されていることから、移籍は難しいかもしれない。18日にスペインメディア『Estadio Deportivo』が報じている。

 東京ヴェルディやFC東京、カターレ富山などでプレーした中島は2017年からポルティモネンセに在籍しており、昨季はリーグ戦29試合で10得点12アシストを記録した。注目を浴びた中島は、ポルトガルの強豪ポルトやベンフィカ、ウクライナの強豪シャフタール・ドネツク、ドイツのクラブなど、複数のクラブから関心を示されている。

 加入当初は契約解除金1000万ユーロに設定されていたが、今年1月に2000万ユーロへ上昇。現在は、4000万ユーロ(約51億4000万円)に設定されているとの情報もある。ポルティモネンセの株主であり、移籍案件にも関わるテオドロ・フォンセカ氏は「関心を示すクラブはたくさんあるが、契約は2022年まで更新され、契約解除金は4000万ユーロに再設定された。次の市場を待って、何が起きるか見てみよう」と語っている。

 続けて「翔哉にとって、どの国が良いという優先順位はない。ただ、サッカー選手として成長し続けたいだけなんだ。ポルトガルの3強(ポルト、ベンフィカ、スポルティングCP)でさえも、その移籍金を支払うことはできない。セビージャが支払える金額とも思えない」とコメントしている。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索