撃ち込まれた銃弾が応援の証。狂気のアルゼンチンサッカー、その熱を唯一の日本人プロ選手が語る【インタビュー】

撃ち込まれた銃弾が応援の証。狂気のアルゼンチンサッカー、その熱を唯一の日本人プロ選手が語る【インタビュー】

「毎日マラドーナのビデオを見ていた」

 アルゼンチン3部リーグで活躍する日本人選手がいる。アルミランテ・ブラウンに所属するFW後藤航は、高校卒業後に単身でアルゼンチンのクラブの門を叩いた。そんな後藤が、他国にはない熱を持つアルゼンチンサッカーについて語ってくれた。(取材・文:カルロス矢吹)

——————————

 レアル・マドリーの優勝で幕を閉じたクラブワールドカップ。だが開催前に最も注目を集めていたのは南米代表リーベル・プレート(アルゼンチン)だっただろう。ただし、御存知の通り必ずしもポジティブな理由からではない。

 南米王者を決めるコパ・リベルタドーレスの決勝第2戦、リーベル・プレートのサポーターが移動中の対戦相手ボカ・ジュニオールズのバスへ唐辛子爆弾を投げ入れ、数名の選手が病院に搬送され試合は中止。ボカの主将パブロ・ペレスに至っては、一時視力の60%を失うほどであった。

 アルゼンチンサッカーの熱狂は度々伝えられるものの、今回はなぜこれほどの騒ぎになってしまったのか? 現在アルゼンチンリーグ3部アルミランテ・ブラウンに所属し、日本人で唯一プロ選手として活躍している後藤航(ごとうこう)が、自身の体験も踏まえながら、当時のアルゼンチンの空気を、そしてアルゼンチンサッカーの熱狂の源を語ってくれた。

 後藤は神奈川県鎌倉市出身。三つ上の兄の影響で、三歳の頃からボールを蹴り始め、小学一年生で地元の腰越FCに入団した。早熟な後藤は、小学生の頃にアルゼンチンサッカーとの邂逅を果たしている。

「一年生の頃から三、四年生と一緒に練習してましたね。三年生の頃、友達についていってマリノスのユースチームのテストを受けに行ったら僕だけ受かって、“受かったんなら行こうかな”って。ポジションはその頃からずっとFWでした。

 個人で通ってたスクールのコーチがマラドーナ大好きで、写真やビデオをめっちゃ見せられて。それで僕もマラドーナ大好きになったんです。あの頃は毎日、絶対にマラドーナのビデオを見てましたね。ワールドカップもアルゼンチン代表を追いかけて、トヨタカップでボカが来日したら観に行ってました」

僕の中では海外=アルゼンチン、それ以外の選択肢がなかった

 マリノスには15歳まで在籍し、高校は名門帝京第三高校に進学。経歴だけを見るとエリートのそれに見えるが、そこに至るまでには紆余曲折があった。

「マリノスではJr.ユースからユースにも上がれたと思うんですよ、試合にも普通に出ていたので。でも、その時は遊ぶ方が楽しくなってきて、サッカーが楽しくなくなって、中三の途中でマリノスを辞めちゃって。

 そしたら地元の先輩で帝京第三高校に行ってた先輩、フットサル仲間だった人が“お前は辞めんなよ”って誘ってくれて。そうやって話をしてもらっているうちに段々やっぱサッカーやりたいな、と思うようになって。その先輩と同じ高校に行くことにしました」

 後藤が在学中に、帝京第三高校は山梨県代表として全国高校選手権に一度、インターハイに二度出場している。高校卒業を待たずして、後藤はアルゼンチンへ入団テストを受けに現地へ渡った。

「フォワードとして1年生から一軍にはいたんですけど、素行が悪くて三軍にいったりして、どっちかっていうと学校では煙たがれてたんです。そういうのもあって、卒業後特にどこかからオファーも来なくって。だけど、自分はプロとして勝負の世界に飛び込みたくて。それで海外に行こうと決めました。

 僕の中では海外=アルゼンチン、それ以外の選択肢が自分の中に無くて。その頃は全くスペイン語出来なかったんですけど、留学業者に頼んで、卒業直前の2月にアルゼンチンまで入団テストに行かせてもらったんです。“いけんだろうな”と思ってアルヘンティノスのユースチームを受けたんですけど、行ってみたらめちゃくちゃみんな上手くて。10ヶ月そこで練習してたんですけど、公式戦には出られなくて。それからは自分でチームを探しました」

 怪我の治療と貯金を作るために、後藤はこの後一旦日本に帰国した。治療が終わりアルゼンチンに戻った後藤は、今度は業者に頼らずに自分の足で所属チームを探し始めた。

アルゼンチンのサッカーは“戦争”

「アルゼンチンには所属チームが無い選手が集まってリーグ戦をやるところがあるんですよ、午前中はそこで練習して、夜はレストランでアルバイトして。三ヶ月くらいそういう生活をした後にコルドバ州の地域リーグ、5部リーグと移った後、今のチームに移籍しました。

 地域リーグに在籍してた時、ブエノス・アイレスで書類の手続きとかしてたらスリに遭って荷物が全部盗まれて。携帯電話は残ってたんでクラブが連絡くれるまで二日間公園で寝泊まりしてました。もう心は毎日折れてましたよ、それが良かったんでしょうね。“こんなに悪い日は今日くらいだろう”そう思いながら生きていけたんで」

 プロリーグとはいえ、3部では生活が苦しいのではないか? そう尋ねると、後藤を首を横に振りながら答えた。

「アルゼンチンでサッカーをやってる子達って、貧しい家庭の子が多いんです。だからその子達をクラブに入れる以上、クラブは衣食住の面倒を見なきゃいけない。外国人である僕もそうですよ。3部ですけどウチのスタジアムって1万人以上入るし、試合によっては埋まるので、生活はそこまで苦しくはないですね。

 “組”みたいですよね、南米のサッカークラブって。だからアルゼンチンのサポーターも、クラブのために身体を張る選手を、気持ちの強い選手を応援するんです。アルゼンチンのサッカーって“戦争”なんですよ。

 去年ウチのクラブが降格しかけた時期に、会長の家に銃弾が撃ち込まれて。“死んでも残留しろよ”ってことなんですけど。練習場にもその感じで来るし。コパ・リベルタドーレスの決勝に自分のクラブが進んだら、チケットは日本円で30万円くらいかな、彼らは車を売ってチケット買うんですよ。翌日の仕事のことなんて考えてないんでしょうね。“サッカーが人生の全て”って人が本当に多いんで」

史上初、ボカvsリーベルの決勝

 そのコパ・リベルタドーレスで、今年“騒動”が起きたのは周知の通りだ。アルゼンチンにいた後藤の目には、一連の喧騒はどう映っていたのだろうか。

「コパ・リベルタドーレスって、アルゼンチン人にとってはリーグ戦より大事だと思うんです。とにかく負けず嫌いですからね、彼ら。コパ・リベルタドーレスはブラジルのチームと戦えるじゃないですか。そこで勝って、自分達が1番だって証明したいんですよ。それで史上初めてボカvsリーベルの決勝戦になったから、試合が決まった時からアルゼンチン国内は大騒ぎでしたよ。

 だから、スペインで決勝第2戦を開催することにはみんな凄いブーイングでしたね。コパ・リベルタドーレスって大会名が南米の独立運動の指導者達のことなのに、それを占領してたスペインでやるんですから。僕はボカの方が好きですけど、今回ばかりはリーベルが上手だったと思います。あれは監督の差ですね。クラブW杯は初戦で負けちゃいましたけど、完全に燃え尽きてましたね、リーベルは。コパの決勝が全てだったんですよ」

 ボカのチームバス襲撃は、“バーラ”と呼ばれるサポーター集団の犯行であることが既に明らかになっており、犯人達も逮捕されている。リーベルだけでなく、アルゼンチンの各クラブにあるこの“バーラ”とは一体どんな組織なのだろうか。

「コパ・リベルタドーレスに出られるように頑張ります!」

「バスに物投げるとかは、僕らの試合でもよくあることで。サポーターにとっては自分のクラブの選手は英雄ですけど、相手チームの選手はゴミ以下なんですよ。子どもと一緒ですよね、大嫌いだから投げる、それだけ。バーラはサポーターのことなんですけど、日本と違うのは、まずマフィアなんですよ。ほとんどがそうだと思っていいと思います。

 アルゼンチンサッカーってどうしても“お金”が色んな動きをするので、それを排除しようっていう動きも特にないですね。それでそのバーラをまとめ上げるリーダーは凄く力があって、クラブや選手にも直接意見を言えるんです。リーダーになるためにはお金があって、他のサポーターからのリスペクトもなきゃいけないんですけど。それだけアルゼンチンサッカーってサポーターのためにあるんですよ」

 アルミランテ・ブラウンでのデビュー戦で勝ち越しゴールを決めたのを皮切りに、後藤はチームメイトからの信頼を勝ち取り、アルゼンチン国内での評価も急速に高まっている。後藤には夢がある。高原直泰も成し得なかった、コパ・リベルタドーレスの出場だ。

「スペインとかも興味なくはないんですけど、やっぱり南米サッカーのパッションは無いと思うんです。だから、アルゼンチン以外の国の1部リーグへの移籍も考えてますよ。自分はまだ伸びると思うんで、コパ・リベルタドーレスに出られるように頑張ります!」

(取材・文:カルロス矢吹)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索