元日本代表・水野晃樹が鳥栖を退団。「まだサッカーを続けたいです!!」

元日本代表・水野晃樹が鳥栖を退団。「まだサッカーを続けたいです!!」

 J1のサガン鳥栖は12日、同クラブに在籍していた元日本代表MF水野晃樹が契約満了となり、2019シーズンの契約を結ばず退団することを発表した。

 現在33歳の水野は2004年にジェフユナイテッド千葉でデビュー。スコットランドの強豪セルティックで2年半を過ごしたあと帰国し、柏レイソル、ヴァンフォーレ甲府、千葉、ベガルタ仙台でプレーした。

 2017年には仙台から鳥栖へ完全移籍し、1年目はリーグ戦9試合を含む公式戦16試合に出場して3ゴールを記録した。2018年は鳥栖でリーグ戦出場はなく、7月からJ2のロアッソ熊本に期限付き移籍していた。

 今後の去就は未定だが、水野は現役続行に強い意欲を示している。「自分の人生、サッカーだけです。3歳から始め、今に至るまでサッカーしかしてきませんでした。まだサッカーを続けたいです!!自分にはサッカーしかありません。今後のことはまだ何も決まっていませんが、とにかくサッカーをし続けたいです」と鳥栖公式サイトを通してコメントしている。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索