神戸、進む”バルサ化”。ビジャに続きウルグアイ代表DFカセレス獲得の噂が浮上

神戸、進む”バルサ化”。ビジャに続きウルグアイ代表DFカセレス獲得の噂が浮上

 J1のヴィッセル神戸にイタリア・セリエAのラツィオに所属するウルグアイ代表DFマルティン・カセレス獲得の噂が浮上した。現地時間の23日に『スカイスポーツ・イタリア』などが報じている。

 今年で32歳になるカセレスは2008年から2011年までバルセロナに所属。2009年にユベントス、2010年にセビージャへ期限付き移籍し、2011年にセビージャに完全移籍した。翌年にユベントスへ再び期限付き移籍すると、買取オプションを行使され、完全移籍となった。2018年1月からはラツィオでプレーしている。

 昨年6月のロシアワールドカップではウルグアイ代表として出場。昨年10月に行われた日本代表との国際親善試合でも右サイドバックでプレーした。

 元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタや元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキの所属する神戸は、昨年12月にアメリカ・メジャーリーグサッカー(MLS)のニューヨーク・シティから元スペイン代表FWダビド・ビジャを獲得。また、セレッソ大阪からMF山口蛍も加入し、着々と「バルセロナ化」が進んでいる。

 さらにはスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツ獲得の噂も浮上するなど、神戸の大型補強に目が離せない。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索