元米代表のレジェンド、3度目の引退撤回。インドアサッカーのプロ選手として現役復帰

元米代表のレジェンド、3度目の引退撤回。インドアサッカーのプロ選手として現役復帰

 インドアサッカーのプロリーグであるアメリカ・メジャーアリーナサッカーリーグ(MASL)は元アメリカ代表MFで昨年7月に3度目の引退をしたランドン・ドノバンがサンディエゴ・ソッカーズに加入すると現地時間の23日に発表した。米メディア『ESPN』などが報じている。

 インドアサッカーはサッカーやフットサルとは違い、タッチラインがなく、コートの周りを囲ってある壁を利用することが可能である。アメリカではプロリーグが存在し、そのリーグに加盟しているサンディエゴ・ソッカーズと契約するようだ。

 ドノバンはレバークーゼンやバイエルン、エバートンなどでプレーし、2002年の日韓ワールドカップから2010年の南アフリカワールドカップまで3大会連続で出場した。

 アメリカではサッカー界のレジェンドと称されるドノバンは2014年8月に現役引退。だが、2016年にロサンゼルス・ギャラクシーで現役復帰をしていたが、同年に2度目の引退を発表。その約2年後、2018年にメキシコ1部のクラブ・レオンで2度目の現役復帰を果たし、同年7月に3度目の引退をしていた。そして、今回で3度目の現役復帰となった。

 サンディエゴ・ソッカーズの会長は「ドノバンだけがワールドクラスの選手というわけではない。だが、サン・ディエゴではMLSの偉大なアンバサダーである。我々は彼がクラブに加入したことに興奮しているよ」と喜びを語ったと同メディアは報じた。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索