浦和、補強・総合力共にA評価。昨季の主力と期待の新戦力、複数タイトルを狙うシーズンに【2019年Jリーグ補強診断】

浦和、補強・総合力共にA評価。昨季の主力と期待の新戦力、複数タイトルを狙うシーズンに【2019年Jリーグ補強診断】

リーグとACLの2冠を目指せる陣容に

2019年のJ1リーグが間もなく開幕する。新シーズンに向け各クラブはどのような補強を行ったのだろうか。今回は、日本代表クラスを獲得した浦和レッズを取り上げる。

——————————

 昨季は開幕当初こそ結果が出ず、早々に監督を交代することになった。暫定で指揮を執った大槻毅(現ヘッドコーチ)がチームを建て直し、オズワルド・オリヴェイラ監督にバトンタッチした。鹿島アントラーズに多くのタイトルをもたらした“魔法使い”は就任約1ヶ月後から本領を発揮。安定して力を発揮できるようチームを整えていった。

 リーグ戦では勝ちきれない試合もあったが、天皇杯では決勝に進出。宇賀神友弥のスーパーボレーで優勝を掴み取り、今季のAFCチャンピオンズリーグ出場権も手にした。

 オリヴェイラ監督体制2シーズン目、クラブは各ポジションに実力者を補強。最終ラインには元日本代表のCB鈴木大輔を柏レイソルから、昨年A代表デビューを飾りいきなりゴールも挙げた山中亮輔を横浜F・マリノスから迎え入れた。山中は横浜FMで“偽サイドバック”のプレーにも磨きをかけたが、タッチライン際のアップダウンも問題ない。昨季台頭した橋岡大樹を右サイドバックに配せば4バックも可能になるだろう。

 最前線にも日本代表の杉本健勇を獲得した。昨季は不本意なシーズンとなりロシアワールドカップ行きも逃がしたが、ポテンシャルに疑いの余地はない。新天地でゴールを量産したいところだ。

 また、ポルトガルからエヴェルトンが加入している。中盤の新たな核として期待がかかる。モンテディオ山形からステップアップを果たした汰木康也は、滑らかで鋭いドリブルが持ち味のアタッカーだ。

 リーグとACLの2冠を目指せる陣容だけに、無冠だけは避けたいところ。オリヴェイラ監督の下、チーム一丸となって頂点を目指したい。

補強・総合力診断

IN
GK:石井僚[浦和レッズユース]
DF:鈴木大輔[柏]
DF:山中亮輔[横浜FM]
DF:岩武克弥[明治大学]
DF:大城蛍[浦和レッズユース]
MF:エヴェルトン[FCポルト(ポルトガル)/期限付き移籍]
MF:汰木康也[山形]
MF:池高暢希[浦和レッズユース]
FW:杉本健勇[C大阪]

OUT
GK:榎本哲也[富山]
DF:岡本拓也[湘南/完全移籍]
MF:平川忠亮[引退]
MF:武富孝介[湘南/期限付き移籍]
MF:駒井善成[札幌/完全移籍]
MF:伊藤涼太郎[大分/期限付き移籍]
MF:菊池大介[柏]
FW:李忠成[横浜FM]
FW:ズラタン[未定]
FW:オナイウ阿道[大分/期限付き移籍]

補強評価:A

 鈴木は最終ラインに強さと経験値を肉付けでき、山中は現在最もノッている左サイドバック。何でもできるストライカー・杉本の存在も頼もしい。興梠慎三とポジションを争うだけでなく、コンビを組んでも対戦相手に脅威となるだろう。

総合評価:A

 新加入選手たちはポジション争いを激化させるだけでなく、そのまま定位置を奪うだけの力を持つ者ばかり。昨季のチームにプラスアルファを加えるには十分なメンツと言えるだろう。全国的な知名度はまだそこまで高くない汰木康也も武器を有しており、単なるアクセント以上の存在になる可能性を秘めている。退団した選手も実力者ばかりだが、新戦力を見れば総合力アップが期待できるのではないか。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索