神戸主将辞任のポドルスキが意味深ツイート。「忠誠を期待するのはやめた方がいい」

神戸主将辞任のポドルスキが意味深ツイート。「忠誠を期待するのはやめた方がいい」

 J1のヴィッセル神戸に所属する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは18日、自身の公式ツイッターを更新。主将辞任を公言していた同選手は意味深なツイートをしている。

 神戸は17日、クラブの公式サイトで指揮官フアン・マヌエル・リージョの契約解除と吉田孝行新指揮官の就任を発表。さらに、同日にポドルスキは自身のツイッターで「残念なお知らせがあります。自分はヴィッセル神戸のキャプテンの座から降りる事になりました」と日本語で綴り、神戸の主将から辞任することを発表していた。

 続く18日、12時50分頃に自身のツイッターを更新。そこには「あなた達に対して誠実になれない人々からの忠誠を期待するのはやめた方がいい」と書いてある画像を「#Fact」とつけて投稿した。

 神戸の監督交代、自身の主将辞任翌日に投稿した意味深ツイートだが、このツイートは何を意味しているのだろうか。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索