英代表19歳FW、マンU興味も今夏の残留を示唆。「来季の目標はタイトル」

英代表19歳FW、マンU興味も今夏の残留を示唆。「来季の目標はタイトル」

 ドイツ・ブンデスリーガのドルトムントに所属するイングランド代表FWジェイドン・サンチョが、同クラブへの残留を示唆したようだ。スペイン『アス』などが現地時間の19日に報じた。

 サンチョはマンチェスター・シティのユースからドルトムントに加入し、2017年にブンデスリーガでデビュー。ドルトムントがシティに支払った移籍金はわずか800万ポンド(約11億円)とされているが、同選手の評価は急上昇。今季公式戦43試合に出場し、13得点19アシストを記録。リーグ戦では全試合に出場している。

 そんな19歳のサンチョにはイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドが獲得に興味を示していた。だが、同選手は残留を希望し、ドルトムントでのタイトル奪取に燃えている。

 サンチョは最終節ボルシアMG戦後のインタビューで「僕は今季のプレーに満足している。こんな風になるなんて思わなかった。最初、僕はコンスタントにプレーできなかった。だが、今季途中から先発起用されるようになった。それはハードワークのおかげだよ。来季、僕らの目標はタイトルを獲ること。2位になることじゃない」と来季の目標を話した。

 サンチョはこのまま残留し、ドルトムントでのタイトル獲得となるのだろうか。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索