マンCのギュンドアン、一転して契約延長へ「クラブとじっくり話し合う」

マンCのギュンドアン、一転して契約延長へ「クラブとじっくり話し合う」

 マンチェスター・シティのMFイルカイ・ギュンドアンが、クラブとの契約延長を前向きに考えている。20日、英『マンチェスター・イブニング・ニュース』などが伝えた。

 ドイツ代表のギュンドアンは、シティとの契約が2020年まで。クラブは契約延長を望んでいたが、選手側がこれを望んでおらず、今季終了後に移籍すると言われていた。

 しかし、ギュンドアンの考えが変わったようで、「今こそ状況を見直して、クラブとじっくり話し合うことができる」と、ドイツ『ビルト』にコメント。再び契約延長交渉に入ることを示唆した。

 ギュンドアンは今季を振り返り、「チャンピオンズリーグ敗退はつらかった」と述べたが、「国内での成功を考えると、チャンピオンズリーグのことを嘆くのは間違っている」と語り、シティでの3冠達成に満足している様子だ。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索