岡田武史再登板。そして若手を抜擢

 松井大輔が右サイドで鋭い切り返しを見せ、左足でクロスを上げた瞬間、ファーサイドの本田圭佑がフリーになった。岡田武史監督が「この男が日本代表を変えるかもしれない」と直感し、満を持して1トップに抜擢した24歳のアタッカーは確実にボールをトラップし、左足を一閃。チームに待望の先制点をもたらした。

 虎の子の1点を守り抜いた日本はブルームフォンテーヌの地でカメルーンを撃破。ここから一気に波に乗り、下馬評の低さを覆す快進撃を披露する。1次リーグを1位通過し、ラウンド16に進出。パラグアイとのPK戦に勝っていたら史上初の8強に到達していたところだった。

 そんな平成18(2010)年の南アフリカワールドカップでのミラクルな戦いぶりは、今も人々の脳裏に焼き付いて離れないはずだ。

 しかしながら、そこまでの4年間は困難の連続だった。ドイツワールドカップでの惨敗を受けて、日本代表監督にはジェフユナイテッド千葉を躍進させたイビチャ・オシム監督が就任。「考えながら走るサッカー」を突き詰めようとしていたが、平成19(2007)年11月に指揮官が病に倒れ、指揮を執ることができなくなった。

 そこで再登板したのが、岡田監督だ。フランスワールドカップから約10年。コンサドーレ札幌や横浜F・マリノスを率いて実績を積み上げてきた名将が、翌年から日本代表に戻ってきたのだ。

 かつて市川大祐や小野伸二ら若手を大胆抜擢した人物らしく、2度目の代表監督になった時にも19歳の内田篤人や香川真司、21歳の長友佑都や22歳の本田や岡崎慎司を次々とA代表デビューさせた。

ターニングポイントとなった日韓戦

 しかし、この段階ではまだ中村俊輔や中澤佑二、遠藤保仁ら年長者への依存度が高く、最終予選も彼らを抜きには語れなかった。

 本大会切符を手にした平成21(2009)年6月のウズベキスタン戦も、決勝点を挙げたのは岡崎だが、荒れた試合をコントロールしたのは中村や遠藤。内田は体調不良で欠場、本田は途中出場、香川はベンチ外という状況で、まだまだベテランと若手には実力差が感じられた。

 けれども、ワールドカップイヤーに入ると状況は大きく変化する。本田がCSKAモスクワへ移籍し、UEFAチャンピオンズリーグ(UCL)セビージャ戦で豪快なFK弾を挙げるなど、一気にスターダムにのし上がったのだ。

 それとは対照的に、中村が平成21(2009)年夏に移籍したスペイン・エスパニョールで出番を失い、Jリーグに復帰する。そこから中村は試合に出続けたが、ケガを抱えながらのプレーで思うように状態が上がらなかった。そこに代表の不振が重なり、岡田監督は大きな決断を迫られることになる。

 最大のターニングポイントとなったのが、5月の壮行試合・韓国戦だ。GK楢崎正剛、DFに中澤と阿部勇樹、ボランチの遠藤と長谷部誠、攻撃的MFに中村といった主力級をズラリと並べながら、朴智星擁する韓国に0-2で完敗。中村も「今まで積み上げてきたものが消えてきている」と落胆を露わにし、指揮官が進退伺を出す事態に発展したのである。

 直後に赴いた事前キャンプ地のスイス・ゼーフェルトでのミーティング。田中マルクス闘莉王が「俺たちは弱い。弱者の戦い方が必要だ」と口火を切ったことで、選手たちは守備的サッカーへのシフトを決意。岡田監督も腹を括り、4-2-3-1からアンカーを置いた4-3-3への布陣変更に踏み切った。

奏功した守備的な戦い

 GKを楢崎から川島永嗣に代え、中村を外して中盤を阿部と長谷部、遠藤の3枚に。そして前線も右に松井、左に大久保嘉人、1トップを本田という予想外の並びに変えたのだ。

 同時にキャプテンを中澤から長谷部に交代。長谷部は「チームの統率役は(川口)能活さんで、キャプテンは(中澤)佑二さん。僕はただマークを巻いているだけ」と戸惑いながら語っていたが、大ナタを振るったことでチームは生き返ったのだ。

 その結果が冒頭のシーンである。6月14日のグループリーグ初戦。日本は相手を徹底分析して大一番にのぞんだ。最も重責を担ったのがエースFWサミュエル・エトーを密着マークした長友。エースキラーが奮闘したことで、守備にリズムが生まれた。

 中澤・闘莉王の両センターバックも鉄壁の守りを見せ、右サイドに抜擢された駒野友一もアロイージ(オーストラリア)にキリキリ舞いさせられた4年前の教訓を生かして、必死に体を張る。守護神・川島も冷静沈着なゴールセービングを披露。アンカー・阿部らの働きも含めて、守備的な戦い方は大きな成果を挙げた。

 続く第2戦は6月19日のオランダ戦。岡田監督は初戦と同じ陣容で挑んだ。小野伸二のフェイエノールト時代の恩師であるベルト・ファン・マルワイク監督が率いたこの大会のオランダは守備的スタイルを採っていた。

最後の国際Aマッチに

 準優勝したにも関わらず、地元メディアに「クソみたいなサッカーだ」と酷評されていたが、さすがに日本戦では積極的な戦いを仕掛けてきた。ロビン・ファン・ペルシーやウェスレイ・スナイデルといったタレント軍団に攻め込まれ、耐える時間が長く続いたが、前半0-0で終了。しかし後半開始直後の8分、ミスが続いてスナイデルに先制点を奪われてしまった。

 この約10分後に岡田監督は「前線でのタメとセットプレーに期待した」と中村俊輔を松井に代えて起用。流れを変えようとしたが、狙い通りにはならず、中村はこれが最後の国際Aマッチとなってしまう。

 その後、相手がエライロ・エリアを投入し、攻撃を活性化させてきたことで苦境を強いられる。これにはエースキラー・長友を右に回す采配でしのぎ、終盤には岡崎と玉田圭司を送り出したが1点が遠い。2戦目は悔しい黒星に終わった。

 この時点でオランダの突破とカメルーンの敗退が決定。2枠目を日本とデンマークが争うことになった。6月24日の第3戦に全てを賭けた日本は過去2戦の4-3-3から4-2-3-1へと布陣を変更。勝ちに行くつもりで試合に挑んだ。が、2列目を自由に動き回るヨン・ダール・トマソンを捕まえられず、再三のピンチを招く。

 ピッチ上で危機感を覚えた遠藤らが10分を過ぎたあたりで岡田監督と意思疎通を図り、アンカーシステムに戻したが、この判断が遅れていたら日本の16強入りはなかっただろう。

短期間での劇的な変化

 試合が少し落ち着いた前半17分、本田が代名詞の無回転FKを叩き込んで先制点を奪う。そして31分には遠藤もFKを決めて2-0で前半を終了。セットプレーという武器の炸裂でデンマークを突き放す。

 後半にトマソンに1点を奪われたものの、終盤には本田からのパスを受けた途中出場の岡崎がダメ押しとなる0点目をゲット。3-1で快勝し、日本はまさかの1位通過を成し遂げた。

 6月29日のラウンド16の相手はパラグアイ。場所もヨハネスブルクからほど近い首都・プレトリアで、移動負担も大きくない。選手たちはいい状態で大一番に挑めた。だが、ボール支配で日本を上回ったパラグアイは堅守速攻の強みを出せずに苦しみ、逆に日本は松井や本田が一瞬のスキを突いてビッグチャンスを迎えるも決めきれない。

「点を取って上へ進む」という強い意志を持った岡田監督は、後半に阿部を下げて中村憲剛を投入。延長後半には玉田圭司も送り出し、攻めを厚くして1点を狙いに行った。が、相手の堅牢な守りをこじ開けられず、試合はスコアレスのままPK戦へ突入した。

 先攻はパラグアイ。2人ずつ成功し、3人目で明暗が分かれた。相手が決めた直後に出てきた駒野はいつも通り、冷静にシュートを蹴ったはずだった。が、ほんの少しボールが上に飛び、クロスバーを直撃。これが致命傷になって日本は敗れた。

 号泣する駒野を松井が抱き寄せ、「胸を張って日本に帰ろう」と励ましたが、本当にこの大会の日本は闘志あふれる集団だった。もちろん本田や長友ら若い世代の台頭も大きかったが、「短期間でチームは劇的に変化できる」という事実を彼らはしっかりと実証してみせた。この経験が8年後の戦いにつながったことは言うまでもない。

(文:元川悦子)

【了】