スペインで画期的判決…「顧客との“接待フットサル”は労働時間の一部」

スペインで画期的判決…「顧客との“接待フットサル”は労働時間の一部」

 スペイン最高裁は、企業の労働者が顧客とともに行うフットサルのプレー時間は「労働時間」に含まれるという判断を下したという。スペイン紙『ラ・ボス・デ・ガリシア』などが伝えている。

 スペインのタバコメーカーであるアルタディス社は、顧客であるタバコ販売店との間でフットサルのトーナメントを開催している。社員の大会参加は強制ではなく任意であり、参加した時間分の休憩時間を別の日に取ることも認められていた。

 だが労働組合はその規定だけでは納得せず、フットサル参加時間を正真正銘の「労働時間」と認めるよう要求する訴えをガリシア州において起こしていた。その結果、スペイン全国管区裁判所においても最高裁においても訴えが認められた。

 この判決の結果として、オフィスなどでの労働の場合と同じく、トーナメントの終了から翌日の始業までは12時間以上の間隔を空けることが義務付けられるという。また、プレー中の負傷も労働災害として扱われるようになるとのことだ。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索