日本代表の久保建英、チリ代表は「ビックリするレベルではなかった」【コパ・アメリカ】

日本代表の久保建英、チリ代表は「ビックリするレベルではなかった」【コパ・アメリカ】

 コパ・アメリカ2019(南米選手権)グループC組第2節、日本代表対ウルグアイ代表の試合が現地時間20日に行われる。その試合に先駆け、日本代表の久保建英が取材に答えた。

 ウルグアイ戦に向けて久保は「先に点を取るっていうのがやっぱり重要になると思います。2点3点取られちゃうと落ち込むというか、自分たちでも結構ナーバスになることが多くて。たぶん南米のチームなんかは自分たちよりもっと感情を、表現力と言うか、感情が豊かだと思うんで、そこのマイナスな部分を突けていければいいのかなと思います」と語り、先制点を取ることが重要だと強調した。

 引き分け以上の結果を出すことが必要になるが「どの試合でも勝ちを求めていくのは変わらない。前回の反省っていうのもいくつかあるんで、それを次に生かしていければいいかなと思います」とし、勝ちにこだわることを明かした。

 南米選手権を戦っての印象については「昨日の試合なんかはそこまで段違いに強度が高いとは思わなかった。全然、強度が高いかって言われたら、そうでもなかったって言ったら言い過ぎですけど。そんなビックリするレベルではなかったですし、だとしたら悔しがる気持ちもないでしょうし、そんなレベルの違いを見せられたわけではないので。かといって決定力だったり、サッカーの本質の部分はそこまで違いと言うか、差は見せられてしまったので。その差を大会中に埋めるっていうよりは、次の試合シュート何本打たれようが、こっちが1本決めて、もし1−0で勝てれば、そこの部分では自分たちの方がリードしてるって言える。このトーナメントは技を磨く場所ではないですし、今持ってるものを出すだけだと思うので、そこで結果にこだわっていくのが一番いいのかなと思います」とコメント。0-4という結果ほど、チリ代表との差は感じなかったと答えている。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索