「日本を背負って来ている」。レッドブル・ネイマール・ジュニア・ファイブのワールドファイナルいよいよ開幕

「日本を背負って来ている」。レッドブル・ネイマール・ジュニア・ファイブのワールドファイナルいよいよ開幕

 ブラジル代表のネイマールが考案した新感覚サッカー「レッドブル・ネイマール・ジュニア・ファイブ」のワールドファイナルが、現地12日からブラジルで開催される。

 この大会には世界中の予選を勝ち抜き、25歳以下の選手(オーバーエイジ選手も2名まで出場可)で構成された男女混合の43チーム、女子のみの10チームが参加する。ルールはGKなしの変則的な5対5で、試合時間は10分。ゴールが決まると、失点した方のチームから1人退場しなければならない。

 そして試合終了時により多くの選手が残っていた方が勝利、あるいはどちらかのチームの選手全員を退場させた時点で勝敗が決まる。ピッチの周囲が壁に覆われていてボールが跳ね返ることなども特徴的だ。

 日本から男子の部に参戦し世界一を目指す「FC Capachild」は、カザフスタン、ヨルダン、モーリシャスと同じグループIに組み込まれた。キャプテンを務める菅優樹は、「普通のサッカーだったらマイナーな国が僕らのグループには多かったのかなという印象で、どういうサッカーをしてくるかわからないという少し怖い部分もあるんですけど、自分たちも準備をしてきているので、どの相手もリスペクトして戦いたい」とグループステージへの展望を語ってくれた。

 出国前にも「このネイマール・ジュニア・ファイブのルールに合わせて、僕らは一番勝てる戦い方を研究してきた」というFC Capachild。ブラジル入りしてからも練習とミーティングを重ね、準備万端だ。

 世界一をかけた戦いを前に、菅は「本気で勝ちに来ている。日本を背負って来ている自覚を持って来ているので、ぜひみなさんにも応援していただきたいと思います」と意気込んでいた。

 一方、グループステージで日本との対戦が決まったモーリシャスのキャプテン、イスマエルは「日本戦は難しい試合になるだろう」と述べつつ、「かなりイージーなグループに入った印象」とニンマリ。

 そして「僕たちはこの大会のために準備してきた。確かにモーリシャスは11人制であれば強豪とは言えないが、僕たちだってネイマールのように、スター選手のようにプレーできる、自分たちにもフットボールができるんだというところを見せたい。ここには自分たちのフットボールを証明するために来た。僕たちはいいチームだと自信を持っているし、全力を尽くして全員でアフリカのプライドを示したい」と自信たっぷりに語った。

「レッドブル・ネイマール・ジュニア・ファイブ」のワールドファイナルは、グループステージが現地12日の10時(日本時間12日22時)開始予定。13日の9時(日本時間13日21時)からはノックアウトステージが行われる。優勝チームには考案者のネイマールとの交流も予定されている。

 FC Capachild戦をはじめ、各試合の模様は『Redbull TV』や「レッドブル・ネイマール・ジュニア・ファイブ」の公式サイトにて無料で生配信される。ブラジルの地で“日本代表”が世界の頂点を目指して戦う姿に注目だ。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索