武藤嘉紀と共にプレーした元ニューカッスルFW、中国移籍に向けメディカル通過

武藤嘉紀と共にプレーした元ニューカッスルFW、中国移籍に向けメディカル通過

 ウェスト・ブロムウィッチ(WBA)に所属する29歳のベネズエラ代表FWサロモン・ロンドンが、中国スーパーリーグの大連一方に移籍する見通しになった。18日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。

 同紙によると、ロンドンには契約解除金1650万ポンド(約22億2000万円)が設定されており、それを大連一方が支払うことで合意した模様。すでにメディカルチェックを通過し、あとは最終的な事務処理だけのようだ。数日以内に移籍が正式発表される見通しになっている。

 2015年8月にロシア1部のゼニトからWBAに移籍したロンドン。昨季はニューカッスルへ期限付き移籍し、公式戦33試合に出場して12得点7アシストを記録していた。レンタル移籍期間終了のためWBAに復帰していたが、中国のクラブへ移籍することになった。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索