ベネズエラ代表FWが再びベニテス監督のもとへ。ニューカッスルから大連一方に完全移籍

ベネズエラ代表FWが再びベニテス監督のもとへ。ニューカッスルから大連一方に完全移籍

 中国・スーパーリーグの大連一方が19日、ウェスト・ブロムウィッチ(WBA)からベネズエラ代表FWサロモン・ロンドンの獲得をクラブの公式インスタグラムで発表した。

 2015年8月にロシア1部のゼニトからWBAに移籍したロンドン。昨季はニューカッスルへ期限付き移籍し、公式戦33試合に出場して12得点7アシストを記録していた。だが、レンタル移籍期間終了のためWBAに復帰していた。

 英紙『スカイスポーツ』によると、大連一方が1650万ポンド(22億2000万円)の契約解除金をWBAに支払うことで合意に達したという。そして、メディカルチェックを通過し、正式に大連一方加入が正式に発表された。

 大連一方では昨季までニューカッスルを指揮していたラファエル・ベニテス監督が新監督に就任。ロンドンは再びベニテス監督のもとでプレーすることになった。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索