久保建英のドリブルはなぜ凄いのか? ピッチレベルだからこそ分かる「判断力」【カメラマンの視点で徹底解説(2)】

久保建英のドリブルはなぜ凄いのか? ピッチレベルだからこそ分かる「判断力」【カメラマンの視点で徹底解説(2)】

日本代表のデビュー戦を振り返ってみよう

 久保建英。バルセロナの下部組織で育ち、18歳にして日本代表デビューを飾り、世界最大のクラブであるレアル・マドリーへの移籍を勝ち取った男。日本サッカー界の新たなスターとなったが、実際にはどのような部分が優れ、どのように凄いのか。レンズを通して世界のサッカーを見続けているカメラマンが解説する。(撮影・文:山田一仁)

——————————

<2019年6月9日 キリンチャレンジカップ 日本代表対エルサルバドル代表>

その時、久保はどんなプレーをしたのか? レンズがとらえたスーパープレー!
 
 交代出場後、最初に右サイドでドリブルから2人を一気にかわしてシュートしたシーン。後ろから追ってきた2人目の選手を目線で確認している。TVや記者席ではなかなか分からないが、カメラにはその瞬間が写っている。

 私は、この後ろから追ってくる2人目を見た瞬間に、「2人を誘っていて、あるタイミングで2人一気に抜くに違いない」と思った。最初にトラップした時点でトップスピードでボールに向かって行けば、3番のCBは抜けるかもしれないタイミングだった。しかし、後ろから迫ってきた2人目を確認した時点で判断を変えたはずだ。

 最初から3番を振り切ってゴールに向かえば、もう1人のCBが寄ってきてシュートコースを制限されてゴールを奪うのはより難しくなる。相手2人が久保と1対2を作り、「これで久保を抑えられる」と思った瞬間を狙って内側に切り返してシュート。後ろから追いかけてきた相手はベクトルが逆で追いつけない。3番だけが遅れたタックルでやっと。

 これならシュートする瞬間は、ゴールはフルオープン。よりゴールのチャンスは増す。このプレーの選択が凄い。

「動かない」ことで味方を生かす

 右サイド、ドリブルで自らゴールに向かっていけるところを敢えて止まって、堂安が上がってくるのを待ち、彼にスルーパス。

「溜め」を作るという意味では、普通に見えるかもしれない。ただ、久保が自らドリブルで行けるところを敢えて行かなかったところがスーパープレー。ゴール裏メインスタンド側のポジションにいた私のカメラが久保を捉えたフレームの右端にセンターバック4番が写っている。

 久保が自らドリブルをしたら、この4番のセンターバックが出て来る。しかし、久保が止まっていれば、センターバックは中にクロスを入れられる場合の対応があるので、久保のところには行けない。

 この久保の前のスペースに堂安がトップスピードに乗って上がってきたところにパスを出せば、堂安は4番のセンターバックがカバーに来る前にシュートが打てる。
  
 自分が動かないことで、相手のバックラインを止めておいて、その空いたスペースをうまく使って堂安にシュートを打つ間合いを作るというアイデアが久保の頭にあるところが凄い!

(撮影・文:山田一仁)


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索