アーセナル、U21フランス代表MFとの契約延長を計画。新契約では週給2倍に

アーセナル、U21フランス代表MFとの契約延長を計画。新契約では週給2倍に

 20歳のU-21フランス代表MFマテオ・ゲンドゥージに関して、アーセナルが同選手との契約延長を計画しているようだ。20日に英紙『デイリー・メール』が報じている。

 同紙によると、ウナイ・エメリ監督がゲンドゥージのパフォーマンスに満足しており、給与の引き上げを計画しているという。現在の週給は4万ポンド(約517万円)だが、新契約では週給7万ポンド(約905万円)に増えるようだ。そして、契約期間は2024年6月まで延長するとのこと。

 2018年7月にFCロリアンからアーセナルへ移籍したゲンドゥージ。同選手は、ウナイ・エメリ監督がアーセナルを率いて以降、最初に獲得した選手でもある。移籍金は720万ポンド(約9億3000万円)だったが、現在の市場価値は3000万ポンド(約38億8000万円)になっている。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索