久保建英はバルセロナの16歳新星に“嫉妬”? スペイン紙が状況を対比

久保建英はバルセロナの16歳新星に“嫉妬”? スペイン紙が状況を対比

 バルセロナに所属する16歳のFWアンス・ファティは、クラブ史上最年少ゴールを含めた2試合連続得点を記録するなどの活躍で一躍注目の存在となった。スペイン紙『マルカ』では、日本代表MF久保建英の置かれた状況とも対比している。

 アンス・ファティはバルサの歴代2位となる若さで公式戦デビューを飾ると、オサスナ戦ではクラブ史上最年少となる初ゴールを記録。さらに14日のバレンシア戦でも初の先発出場から2試合連続となるゴールを挙げた。

『マルカ』の15日付記事ではそのアンス・ファティと、久保およびマルティン・ウーデゴーの状況を対比。「久保とウーデゴーは健全な“嫉妬”を抱いてアンス・ファティを見ている」と述べている。

 レアル・マドリーからのレンタルでマジョルカに加入した久保について、同紙は「リーガのセンセーションの一人になっている」と評価。PKを獲得したアスレティック・ビルバオ戦では「大きな才能を見せつけた」として、ファンも熱狂していたと伝えている。

 レアル・ソシエダにレンタルされているウーデゴーについても同様に、今季のリーガで活躍を見せているとして称賛。それでも、バルサで躍動するアンス・ファティと比較すると、久保とウーデゴーは「より難しい道」を選ばざるを得なかったとしている。

 マドリーのトップチームですぐに出場機会を得るのが難しいと予想された久保やウーデゴーは、プレー経験を積むため一旦他クラブでプレーすることを選んだ。バルサを離れる必要もなく活躍を見せ始めたアンス・ファティとは状況が異なっている。

 久保もウーデゴーも「十分にクオリティーと才能を持った選手」であり、「レアル・マドリーに戻る可能性は非常に高い」とも述べられている。バルサ下部組織時代にはともにプレーしていたという久保とアンス・ファティがトップチームで対戦する日もいつか来るかもしれない。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索