守護神デ・ヘア、マンUと2023年まで契約延長。「栄誉なことだ」

守護神デ・ヘア、マンUと2023年まで契約延長。「栄誉なことだ」

 マンチェスター・ユナイテッドは16日、スペイン代表GKダビド・デ・ヘアと2023年までの契約延長に合意した事を発表した。

 新しい契約書にサインを済ませたデ・ヘアは「ユナイテッドでキャリアを続けられることは自分自身にとって栄誉なことだ」と喜びを語った。

 なお詳しい契約についての発表はないが、13日付けの英紙『デイリー・レコード』では年俸1500万ユーロ(約18億1000万)を手にする事になると報じていた。これはMFポール・ポグバと並びクラブ最高額の報酬とされている。

 2011年にアトレティコ・マドリーから加入したデ・ヘアはこれまで公式戦367試合に出場し2016/17シーズンにはヨーロッパリーグで優勝するなど合計4つのタイトル獲得に貢献している。

 ユナイテッドはデ・ヘアとの契約が今季終了後の2020年6月に切れる事もあり最悪の場合、移籍金ゼロで手放す可能性もあった。しかし今回の契約延長で長期に渡り守護神の確保に成功した事になる。


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索