中島翔哉とわだかまりなし。激怒のポルト監督「私の要求や1000%の献身を理解している」

中島翔哉とわだかまりなし。激怒のポルト監督「私の要求や1000%の献身を理解している」

 現地15日に行われたポルトガル1部リーグ第5節のポルティモネンセ戦終了直後に、セルジオ・コンセイソン監督から激しく叱責されたことが話題になったポルトのMF中島翔哉だが、両者の関係に問題はないようだ。

 ポルトは19日にヨーロッパリーグ(EL)のグループリーグ初戦でヤングボーイズとの対戦を控えているが、前日の練習では冒頭でコンセイソン監督から中島に近づいて声をかけ、背中に腕を回して言葉を交わしたという。その様子は現地複数メディアが報じている。

 そしてコンセイソン監督は18日夕方にヤングボーイズ戦に向けた記者会見に出席。会場に集まっき者たちからは当然のごとく、ポルティモネンセ戦を終えてからの中島との関係について質問が飛んだ。

 それに対して指揮官は「あれは我々の間の会話だ。だが難しいのは、彼が日本語を話し、私がポルトガル語を話すということだ」と言語面に壁があることを認めた上で、「我々はコミュニケーションを取ろうといているし、彼はすでにポルトガル語の授業を受けている。そして私の要求や伝えていること、1000%の献身というものを理解している」と両者の間に見解の齟齬がないことを強調した。

 また、後半アディショナルタイムのラストプレーでDFイバン・マルカノが劇的な勝ち越しゴールを決めて勝ち点3をもぎ取った試合の直後に中島に厳しく接したことについて「98分の勝利の後、感情的に反応するなとは言わないでくれ…」と、あくまで一時的な気持ちの高ぶりが招いた行動であることを主張していた。

 中島に関する質問は2つ続いたが、コンセイソン監督は「この話を終わらせるには…」と述べた上で「ポルトの一員であること」について力説した。

「ポルトと契約を結んでいるだけでは十分ではないんだ。それを感じる必要がある。中島にしろ、セルジオ・コンセイソンにしろ、ここにいる広報、さらには芝生の管理人……私が言いたいのは、それぞれが『FCポルト』という家を代表しているということ。それが我々の最高峰としての特徴だ」

 コンセイソン監督はポルトの選手としてのプライドとプロフェッショナルの意識を持って取り組むことの重要性を説いた。「今ミスを犯せば、それは全員のミスになる」とも。これは中島へのメッセージでもあるだろう。

 両者の間にわだかまりが残っていないのであれば、今後もチャンスを与えられるはず。特に19日のヤングボーイズや、過密日程の中でのカップ戦は重要な機会になるだろう。コンセイソン監督が中島をどのように指導し、起用していくか注目だ。

(取材・文:舩木渉【ポルトガル】)


関連記事

フットボールチャンネルの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索