J1の松本山雅FCは8日、反町康治監督の今季限りでの辞任を発表した。クラブの公式サイトで発表されている。

 反町監督は2009年から2011年まで湘南ベルマーレの監督を務めた。その後、2012年に松本山雅の監督に就任。2014年にクラブをJ1昇格に導いた。松本山雅は2015年にJ2降格が決定するが、2018年にJ2で優勝を果たし、反町監督は再びクラブをJ1の舞台に導いた。今季はJ1で17位に終わり、J2降格となった。

 反町監督はクラブの公式サイトで「8年間にわたり、たくさんのご指導ご鞭撻、サポートありがとうございました。この経験は何事にも変えがたいものです。クラブの益々の発展を願ってやみません。ありがとうございました」とコメントしている。

 なお、後任については決定次第の発表になるという。