ザルツブルクのFW南野拓実が、現地時間14日に行われたリーグ戦を欠場した。英『ミラー』などが取り上げている。

 14日のハルトベルク戦はザルツブルクにとって年内ラストゲームで、オーストリアリーグは約2ヶ月の中断に入る。

 しかし、冬の移籍市場でリバプールに加入することが濃厚となっている南野は、この一戦でベンチ入りせず。負傷などのアクシデントでリバプールとの取引が破談になるリスクを避けたのではないかとみられており、すでにザルツブルクでのラストプレーを終えていた可能性が高まっている。

 この一戦では、同じく冬の移籍が噂されているFWエルリング・ホランドやFWファン・ヒチャンもメンバー外だった。