【ナポリ 1-2 パルマ セリエA第16節】

 セリエA第16節のナポリ対パルマが現地時間14日に行われた。試合は2-1でアウェイのパルマが勝利を収めている。ナポリのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が、試合後にイタリア『スカイ』でコメントを残した。

 カルロ・アンチェロッティ前監督を解任し、ガットゥーゾ監督のもとでリスタートを切るナポリだが、開始早々の4分に失点してしまう。64分にはミリクのゴールで追いついたものの、後半アディショナルタイムにセットプレーからカウンターで勝ち越しを許して敗れた。

 ガットゥーゾ監督は試合後、「このチームはメンタル的に良くない。まずは落ち着きを取り戻さなければいけない。選手たちはとても優れているが、今はそういう時期だ」と語っている。

 さらに指揮官は「最初の10分はひどかった。現状を表していたね。ポジティブな面もあったが、(リーグ戦で)50日間も勝っていないと、バランスを取り戻さなければいけない」と話した。

 ナポリは22日のリーグ戦次節が年内ラストゲーム。敵地でのサッスオーロ戦で新体制初勝利を手にすることができるだろうか。

【得点者】
4分 0-1 クルゼフスキ(パルマ)
64分 1-1 ミリク(ナポリ)
90+3分 ジェルビーニョ(パルマ)