【リバプール 2-0 マンチェスター・ユナイテッド プレミアリーグ第23節】

 プレミアリーグ第23節、リバプール対マンチェスター・ユナイテッドの試合が現地時間19日に行われた。試合はホームのリバプールが2-0で勝利した。リバプールに所属する日本代表MF南野拓実はベンチ入りも出番はなかった。

 試合は14分、右CKのチャンスを得たリバプールはファン・ダイクがDFと競り合いながらヘディングシュートを決め先制する。

 これで主導権をチームは25分にはゴールエリアでデ・ヘアとファン・ダイクが競り合いこぼれたボールをフィルミーノがシュートを決めるもVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の検証結果、ファン・ダイクのファールと判定され、ゴールは取り消される。35分にはオックスレイド=チェンバレンのスルーパスからワイナルドゥムがゴールを決めるも、ワイナルドゥムの位置がオフサイドと判定され、再びゴールが取り消されてしまう。

 ここまで劣勢のユナイテッドは40分にゴール前からマルシャルがシュートチャンスを作るもボールは枠を捉えられず。続く41分にはワン=ビサカの折返しをペレイラがファーサイドで飛び込むもボールには僅かに届かず同点のチャンスを逃し前半は終了する。

 後半最初のチャンスはリバプール、47分に左サイドの折返しをフリーの状態からサラーがダイレクトで合わせるもボールは右ポストに外れ追加点とはならず。さらに49分にはヘンダーソンがゴール正面から強烈なシュートを放つもポストに弾かれゴールならず。

 一方のユナイテッドも59分にビッグチャンスが訪れる。マルシャルがペナルティーエリア内でワンツーでDFを交わしシュートを打つもボールはバーを大きく超えてしまう。その後は再びリバプールのチャンス、63分にマネがカウンターからシュートを狙うもボールはゴール右に外れる。

 それでも93分、カウンターからサラーがゴールを決め試合は終了、リバプールはユナイテッドとの死闘を制しリーグ戦無敗を維持し2位マンチェスター・シティとの差を16に広げた。

【得点者】
14分 1-0 ファン・ダイク(リバプール)
90+3分 2-0 サラー(リバプール)