【ブライトン 1-1 リバプール プレミアリーグ第10節】

 プレミアリーグ第10節、ブライトン対リバプールの試合が現地時間28日に行われた。試合は1-1の引き分けに終わっている。

 リバプールに所属する南野拓実は先発出場を果たした。3分、縦パスに抜け出したモハメド・サラーがシュートを放つがゴール左に外れる。すると20分、ペナルティーエリア内でリバプールのネコ・ウィリアムズがブライトンのアーロン・コノリーを倒してしまいPKを献上。しかし、ブライトンのニエル・モペーがPKを失敗したことでリバプールは失点を免れた。

 34分にはDF裏に抜け出したモハメド・サラーがゴールネットを揺らすが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によってオフサイドの判定を取られ得点取り消しに。42分には南野がシュートを放つがブライトンのGKマシュー・ライアンに止められる。

 60分、サラーからパスを受けたディオゴ・ジョッタが一人でシュートまで持ち込み先制点を決めた。84分には、フリーキックにサディオ・マネが頭で合わせてゴールネットを揺らす。だが、オフサイドの判定でノーゴールに。後半アディショナルタイムにはブライトンのパスカル・グロスにPKを決められ同点に。その後はお互いに追加点はなく、試合は1-1の引き分けに終わっている。

【得点者】
60分 0-1 ジョッタ(リバプール)
90分+3分 1-1 グロス(ブライトン)