レアル・マドリードは現地時間22日、ジネディーヌ・ジダン監督が新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出たことを発表した。

 23日にアラベス戦を控えるレアル・マドリードは、苦境のまっただ中。ラ・リーガ前節オサスナ戦を引き分けたあと、スーパーカップでアスレティック・ビルバオに敗れ、スペイン国王杯では3部のアルコジャーノに負ける失態を演じた。

 早く立て直したいレアル・マドリードだが、そんな中で指揮官が新型コロナウイルス陽性に。症状の有無などは明らかにされていないが、プロトコルに従って隔離されているものとみられる。