昨季は二桁得点をゲット

 Jリーグの各クラブは2月下旬の開幕に向けて、準備を進めている。新たに加入する選手もいれば、古巣に別れを告げて新たなチームへと移籍する選手もいる。今回フットボールチャンネルでは、新天地で新たなシーズンを迎えるJ2の注目選手を複数回にわたって紹介していく。

——————————

FW:ドゥドゥ(ブラジル)
生年月日:1990年4月21日(30歳)
2020リーグ戦成績:27試合出場/10得点1アシスト
所属クラブ:ヴァンフォーレ甲府→FC町田ゼルビア

 母国のバタタイスFCでプロキャリアをスタートさせたFWは、2014年に柏レイソルへ期限付き移籍し日本初上陸。翌年はブラジルへ戻ったものの、2016年にヴァンフォーレ甲府へ完全移籍を果たしている。そして2018シーズンはアビスパ福岡へレンタル移籍。この時はJ2で二桁得点をマークしていた。

 甲府に戻った2019シーズンは終盤に怪我を負ったことで満足いく結果を残すことができなかったが、昨シーズンはリーグ戦27試合に出場し、福岡時代以来となる二桁得点をマーク。残念ながらチームをJ1昇格に導くことはできなかったが、エースストライカーとして十分な働きを見せたと言える。

 そんな同選手は2020シーズンをもって甲府との契約が満了。新シーズンからはFC町田ゼルビアでプレーすることが決まっている。新背番号は『11』。怪我の多さはやや気になるところであるが、果たしてブラジルのベテランストライカーは新天地で爆発することができるだろうか。

経験豊富なベテランDF

DF:鎌田次郎(かまた・じろう)
生年月日:1985年7月28日(35歳)
2020リーグ戦成績:9試合出場/0得点0アシスト
所属クラブ:柏レイソル→SC相模原 ※期限付き移籍

 流通経済大学を卒業した2008年に正式に柏レイソルと契約し、その後ベガルタ仙台でも活躍。ここまでJ1リーグ通算271試合、J2リーグ通算42試合、YBCルヴァンカップ通算47試合に出場するなど申し分ない経験値を持つセンターバックが、2021シーズンよりSC相模原の一員となることが決まった。

 スピード不足は否めないが、粘り強い守備が持ち味で、重要な場面でヘディング弾を沈める勝負強さも兼備。本職センターバック以外にボランチを務めることができる点も魅力だ。そしてもちろん、リーダーシップも発揮。大きな声で味方を鼓舞する姿勢は実にベテランらしく頼もしい。

 2008年に創立され、2014年にJリーグに加盟したSC相模原は2021シーズンが記念すべきJ2初参戦ということになる。そんな重要な1年を迎える前に、Jリーグでの経験が抜群に豊富なベテランDFが加わったことはチームとして非常に大きいだろう。まずは残留が目標になるはずだが、果たして。

再起を期す大型FW

FW:都倉賢(とくら・けん)
生年月日:1986年6月16日(34歳)
2020リーグ戦成績:14試合出場/1得点0アシスト
所属クラブ:セレッソ大阪→V・ファーレン長崎

 下部組織から昇格した川崎フロンターレでは芽が出なかったが、2008年途中に加入したザスパ草津でブレイクした。その後ヴィッセル神戸に4年間在籍し、2014年に北海道コンサドーレ札幌に移籍。札幌ではJ2時代に3シーズン連続で二桁得点を記録と、エースとして多くの歓喜をもたらしていた。

 ただ、2019年にセレッソ大阪へ移籍すると、待っていたのは苦悩の日々。加入1年目を怪我の影響でほぼ棒に振っており、昨季も負傷によりなかなか出場時間は伸びず。結局、C大阪ではリーグ戦わずか2ゴールという成績で、2020シーズンをもって契約満了を迎えることになった。

 しかし、34歳の冒険は終わらない。不完全燃焼に終わった過去2シーズンからの復活を目指すべく、大型FWは2021シーズンよりV・ファーレン長崎でプレーすることになった。怪我はどうしても不安要素となってしまうが、持ち前のパワーとメンタルの強さを武器に、長崎を昇格へ導けるか。

わずか17歳でJ1デビューも…

MF:野津田岳人(のつだ・がくと)
生年月日:1994年6月6日(26歳)
2020リーグ戦成績:8試合出場/0得点0アシスト
所属クラブ:サンフレッチェ広島→ヴァンフォーレ甲府 ※期限付き移籍

 ジュニアユース年代からサンフレッチェ広島で過ごし、各世代の日本代表にも選出。2012年には17歳という若さながらトップチームでJ1デビューを果たしている。そして、翌2013年にはリーグ戦20試合に出場し、4得点を挙げリーグ制覇メンバーになるなど、将来を大きく嘱望されていた。

 しかし、早くから期待値が高すぎたせいか、その後は伸び悩んだ。広島では確固たる居場所を築けず、アルビレックス新潟や清水エスパルス、ベガルタ仙台へのレンタル移籍を経験。2019年には広島へ帰還したが、インパクトは残せず、昨季もリーグ戦出場はわずか8試合に留まっていた。

 そして、気が付けば26歳となったレフティーは再びレンタルで経験を積むことに。今月5日、ヴァンフォーレ甲府へ加入することが発表されたのである。同選手がJ2リーグでプレーするのは、次の2021シーズンが初めてのこと。今度こそポテンシャルを開花させることができるか。

勝負の一年に

FW:岩崎悠人(いわさき・ゆうと)
生年月日:1998年6月11日(22歳)
2020リーグ戦成績:16試合出場/0得点0アシスト(湘南ベルマーレ)
所属クラブ:北海道コンサドーレ札幌→ジェフユナイテッド千葉 ※期限付き移籍

 京都橘高校での活躍があり、大きな期待を背負ってプロの世界に飛び込んだ。しかし、ここまではなかなか羽を広げられずにいる。京都サンガF.C.では出場機会こそあったが目に見える結果は物足りず、2018年に加入した北海道コンサドーレ札幌ではほとんど試合に絡むことができなかった。

 昨季は札幌からの期限付きという形で若手育成に定評のある湘南ベルマーレに加入したが、ここでも出場時間は限定的だった。リーグ戦の先発出場はわずか7試合で、FWとしては屈辱的なノーゴール・ノーアシストという成績。湘南サポーターに歓喜をもたらすことはなかった。

 そんな同選手は2021シーズンに向け新たな決断を下した。カテゴリーを下げ、ジェフユナイテッド千葉に活躍の場を求めたのである。同世代の選手が海外へ羽ばたいたり、国内でステップアップする中、ここで足踏みしている場合ではない。今年で23歳となる男が、新天地で覚醒なるか注目だ。