【サバイル 0-4 ネフチ・バクー アゼルバイジャン・プレミアリーグ第26節】

 本田圭佑が2試合連続のゴールを決めた。アゼルバイジャン・プレミアリーグ(1部)第26節、サバイル対ネフチ・バクーが現地時間8日に行われた。アウェイのネフチが4-0の勝利を収めた。ネフチの本田は72分にゴールを決めた。

 本田は今月3日に行われた第25節のケシュラ戦で加入後5戦目で初ゴールを記録。そしてサバイル戦に先発出場すると、こぼれ球に素早く反応し2連発となるゴールを決めた。

 2-0のネフチリードで迎えた72分、スルーパスに反応したサービル・ボグリンがペナルティエリア左で右足のシュート。これは相手GKに阻まれるも、ゴール前にいた本田がいち早く反応。こぼれ球を押し込んでゴールネットを揺らした。

 本田はさすがの反応を見せ、チームの勝利を決定づける3ゴール目を獲得。相手DFの前にポジションを取り、スライディングで相手より先にボールを触った。本田の反応、とっさの判断はさすがと言えるだろう。

 ネフチは現在勝ち点53で首位。2位カラバフとは勝ち点2差となっている。本田はアゼルバイジャンでの初タイトルを獲得することができるだろうか。