10位:11年ぶりスクデット獲得に貢献!セリエA屈指のCB

 リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

——————————

DF:ミラン・シュクリニアル(インテル / スロバキア代表)
生年月日:1995年2月11日
市場価格:5000万ユーロ(約60億円)
19/20リーグ戦成績:32試合0得点2アシスト

 セリエA屈指のCBであるインテルのスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルが10位にランクイン。昨季は終盤戦にパフォーマンスレベルを落とし、ベンチスタートを余儀なくされ、放出候補とも噂れた。だが、主力CBとして20/21シーズンのスクデット獲得に大きく貢献した。

 シュクリニアルはセリエAでもトップレベルのCBと言えるだろう。スピードはやや劣るが、守備力91は圧倒的。CB部門で1位のフィルジル・ファン・ダイクに次ぐ2位タイの守備力となっている。また、フィジカルと空中戦の強さを活かした得点力も徐々に上がってきている。

 シュクリニアルの良さはそれだけでなく、怪我の少なさも評価できる。2017年にサンプドリアからインテルに加入すると、1年目はリーグ戦全試合にフル出場。今季は新型コロナウイルス陽性により離脱した時期もあったが、インテル加入以降は負傷によって長期離脱したことは一度もない。怪我も少なくコンスタントに試合に出場し、さらにはチームに貢献できる鉄人CBだ。

 インテルでスクデットを獲得した後、狙うはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のタイトルだ。今後のさらなる飛躍にも注目したい。

9位:若くして主要大会でのタイトル複数獲得!クレバーなCB

DF:ラファエル・ヴァラン(レアル・マドリード / フランス代表)
生年月日:1993年4月25日
市場価格:7000万ユーロ(約84億円)
19/20リーグ戦成績:32試合2得点1アシスト

 ラファエル・ヴァランはレアル・マドリードでUEFAチャンピオンズリーグ(CL)やラ・リーガ、コパ・デル・レイなどのタイトルを獲得。また、フランス代表として出場した2018年のロシアワールドカップで優勝に貢献し、代表も合わせると実に19個のタイトルを獲得している。主要大会でのタイトルを複数獲得しながらも、まだまだ成長が期待できるCBだ。

 2011年に下部組織時代からプレーしたRCランスを離れ、マドリーへ加入。層の厚い同クラブで活躍すると、セルヒオ・ラモスの相棒として主力DFにまで成長。ワールドカップ優勝などを経験し、名実ともに世界トップレベルのCBとなった。

 ヴァランの特徴は191cmという長身を活かした空中戦とフィジカルの強さ。そして、非常にクレバーなCBと言える。危機察知能力に優れていて、相手のシュートをブロックするシーンも目立つ。スピードもあり、ポジショニングも良く、カバーリングなどでも貢献できる。

 すでに主要タイトルを複数獲得しているヴァランだが、あとどれだけタイトルを獲得することができるのだろうか。その辺も注目したいところだ。

8位:オランダを背負うユベントスの若きCB

DF:マタイス・デリフト(ユベントス / オランダ代表)
生年月日:1999年8月12日
市場価格:7500万ユーロ(約90億円)
19/20リーグ戦成績:29試合4得点1アシスト

 アヤックスのアカデミー出身であるオランダ代表DFマタイス・デリフトが8位にランクイン。まだ21歳と若いが、ユベントスの主力としてプレーする。今後の活躍も期待される大型CBだ。

 2019年まで所属したアヤックスでは、クラブ史上最年少となる19歳で主将に就任。2018/19シーズンのリーグ戦とカップ戦の二冠獲得に貢献。さらにはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝のユベントス戦で自らゴールを決め、チームの22年ぶりの準決勝進出にも貢献した。

 若くして主将も経験したデリフトは、オランダ代表ではリバプールDFフィルジル・ファン・ダイク、ユベントスではDFジョルジョ・キエッリーニと世界トップクラスのCBとともにプレー。最高のお手本が近くでプレーし、リーダーシップだけなくCBとして必要な多くのことを学んでいるはずだ。

 デリフトの特徴はやはり、189cm、89kgという恵まれた体格を活かした守備力。フィジカル88、空中戦86は納得の数値だろう。それだけではなく、セットプレーでもその能力を遺憾なく発揮する。昨季は4得点を記録した得点力は魅力的だ。セットプレーでも強さを見せる。まだまだ若いデリフトだが、トップレベルで主力としてプレーできている。世界最高のCB、いや最高の”選手”になる日は近いかもしれない。

7位:空中戦は圧倒的!ドイツで時代を築いたCB

DF:マッツ・フンメルス(ドルトムント / 元ドイツ代表)
生年月日:1988年12月16日
市場価格:1500万ユーロ(約18億円)
19/20リーグ戦成績:31試合1得点3アシスト

 当時、ユルゲン・クロップ監督が率いていたボルシア・ドルトムントで黄金時代を築いたマッツ・フンメルスが7位に入った。2016年に下部組織時代から過ごしていたバイエルン・ミュンヘンに復帰。2019年にドルトムントへ復帰し、32歳となった今でも主力として活躍する。

 長らくドイツ代表でも活躍し、2014年のブラジルワールドカップ制覇に貢献。その後、ヨアヒム・レーヴ監督により代表引退勧告を受けた。だが、フンメルスはブンデスリーガで好パフォーマンスを披露。レーヴ監督は今夏に行われる2020EUROを後に退任が決まっているが、不振が続く同国代表にフンメルスやトーマス・ミュラー、ジェローム・ボアテングらベテラン勢を招集することも示唆した。

 そんなフンメルスの特徴は空中戦での強さ。フィジカルを活かした空中戦では、勝てる相手は少ない。それだけでなく、全体的に見るとやや劣るスピードを豊富な経験とインテリジェンスでカバー。対人の強さ、カバーリング、ポジショニングセンスなどはブンデスでも屈指だ。

 ベテランの域に達しているが、代表復帰も噂されるフンメルスの今後に注目が集まりそうだ。再びドイツ代表でディフェンスラインを牽引する姿を見たい。

6位:圧倒的なフィジカルの強さ!アトレティコの番人

DF:ホセ・マリア・ヒメネス(アトレティコ・マドリード / ウルグアイ代表)
生年月日:1995年1月20日
市場価格:6500万ユーロ(約78億円)
19/20リーグ戦成績:21試合0得点0アシスト

 アトレティコ・マドリードの番人・ホセ・マリア・ヒメネスが6位にランクイン。圧倒的なフィジカルを武器にCBとして、相手の攻撃を跳ね返す力を持つ。ウルグアイ代表でも欠かせない存在だ。

 まだ26歳ながら、2014年のブラジル大会、2018年のロシア大会と2度のワールドカップに出場。ロシアワールドカップではウルグアイの2大会ぶりのベスト8進出に貢献した。アトレティコとウルグアイ代表でDFディエゴ・ゴディンから多くのことを学び、ラ・リーガ屈指のCBにまで成長した。

 ヒメネスの特徴はフィジカルを活かした守備。守備力93、フィジカル90という驚異的な数字を示している。強靭な肉体から繰り出されるそのパワーに圧倒される相手は少なくない。アグレッシブなディフェンスでアトレティコのDF陣を支えている。

 ディフェンス面では圧倒的だが、攻撃面でやや劣る。的確なパス、テクニックがさらに上がれば順位が上がることは間違いなし。まだまだ成長が期待できるアトレティコの番人に今後も注目したい。