ミランのイングランド代表DFフィカヨ・トモリは、9日に行われたセリエA第35節のユベントス戦で移籍後初ゴールを記録した。ヘディングで決めたこのゴールは、セリエA新記録を更新する“高打点”のゴールだったとされている。

 ミランがアウェイで3-0の勝利を収めたこの試合で、トモリは82分にダメ押しの3点目を記録。FKからハカン・チャルハノールの上げたクロスにエリア中央で合わせ、守備陣に競り勝ってヘディングで叩きつけた。

 宿敵ユベントスに対する快勝を決定づける大きな1点だったが、その“高さ”にも注目が集まった。計測を行ったメディアなどにより異なるが、トモリの打点の高さは2メートル60〜64センチ程度だったとされている。

 これまでセリエAで記録されたヘディングゴールの打点の最高記録とされていたのは、ユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドが2019年12月のサンプドリア戦で挙げたゴール。その高さは2メートル54センチと計測されていた。

 今回のミラン戦にも出場していたC・ロナウドは不発に終わり、低調なパフォーマンスで批判の対象となった。それだけでなく、自身の記録の一つを目の前で破られてしまったようだ。