「Jリーグにとっては非常にいいこと」

U-24日本代表は12日、ジャマイカ代表と対戦し、4-0で勝利した。この試合中、日本サッカーに精通するイングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。(語り手:ショーン・キャロル)
———————————————-

――本日もよろしくお願いします! 日本代表のセルビア代表戦から24時間も経ってませんが、今日はU-24日本代表がジャマイカ代表と対戦します。

「スケジュール的にはメディアもきついね(笑)」

――そうですね。昨晩は神戸、そして今日の昼に豊田(愛知)というスケジュールです。そして、東京五輪を控えるU-24日本代表にとって、今日はメンバー発表前最後の試合となります。

「板倉滉は怪我かな? ベンチにも入っていないので少し気になりますね。三笘薫と前田大然がスタメンに入ってよかったと思う」

――ガーナ戦では相馬勇紀と上田綺世が先発でした。冨安健洋が負傷離脱となり、町田浩樹がセンターバックに入ります。

「町田もラストチャンスですね」

――立ち上がりから酒井宏樹が激しいプレーを見せています。

「本当にいい選手ですね。浦和サポーターは嬉しいと思います! Jリーグに戻ってくるのが意外と早いね。まだヨーロッパで活躍できると思うけど、Jリーグにとっては非常にいいことですね」

久保建英は「ちょっとラッキーな部分もあったけど…」

――序盤からサイドの深い位置まで侵入するシーンが続きます。

「左は旗手怜央と三笘、右は酒井と久保で、とても積極的ですね。本番でもこういうアプローチが見たいです」

――左は川崎フロンターレ、右はA代表でともにプレーしてきたコンビですね。

「久保はトップ下にいたり、右サイドに出たりだね。背番号がまったく見えないけど。このユニフォームは背番号が見づらいです! A代表の小川諒也は髪がピンクだから分かりやすいけど」

――久保建英が決めました! 4人股抜きのゴールです。

「DFとGKだね。珍しい! ちょっとラッキーな部分もあったけど、打たないと決められないからね」

――42分には遠藤航のゴールで追加点です。

「ナイスゴールでしたね。ジャマイカのDFは全然プレッシャーをかけてなかったけど。ボールを受けたときにゴールになると思った。遠藤は本当に頼もしい選手になった」

――前半は2-0で終わりました。五輪本番であれば理想的な展開だと思いますがいかがでしょうか。

「非常に良かったですね。ディフェンスは安定しているし、2列目はチャンスメイクして、2点も取れました。本番でこのようなパフォーマンスができるといいね」

――メンバー争いが熾烈なポジションの選手はどうでしたか?

「前田も三笘も良かったね。三笘は常に起点になっていて、前田の動きはジャマイカの守備陣にとって厄介だったと思う」

「シュートを打つのは批判したくない」

――後半から入った上田のシュートはポストに当たりました。

「うまく抜け出したけど、シュートは惜しかった。パスしていたらゴールになったかな……。でも、日本人フォワードがシュートを打つのは批判したくないですね」

――上田は次のチャンスを決めました! 三笘からのスルーパスに反応し、GKの頭上を越えるループシュートでゴールネットを揺らしました。

「自信満々だったね。これが本当のストライカー。けどジャマイカのディフェンスラインは少しバラバラ」

――日本代表は60分に動きます。橋岡大樹と相馬を入れ、3バックに変更しました。

「これも本番で1つのオプションになると思うので、磨けるといいですね」

――システム変更からすぐに追加点が生まれました。フリーの相馬にボールが渡り、最後は堂安が決めました。

「相馬は堂安のポジションをよく見ていたね。そして堂安も冷静に決めた」

「上田綺世は賢いですね」

――4-0になりました。残りの時間はどのように見ますか?

「怪我しないようにしかないですね」

――交代で入った選手も懸命にアピールしています。三好康児は相手GKにプレスをかけ、あわやゴールというシーンを作りました。

「入ったでしょ? いや、入ってないか。審判はよく見ていた! みんな頑張ってるね!」

――4-0で試合は終わりました。メンバー発表前最後の試合となりましたが、選手のパフォーマンスはどうでしたか?

「上田は絶対にメンバーに入ると思うね。三笘も呼ばれなかったら少し驚く。前田と相馬は上田と三笘とは違うタイプなので、2人にもチャンスがあると思います」

――本大会に行けるのは18人なので、悩ましい選考になりそうです。

「本当に難しいですね。監督の仕事は全然うらやましくない」

「でも、前にも言いましたが、最終メンバーに入らなくても、選手のキャリアが終わるわけではない。今回入らなければ、それをモチベーションにして、この先、クラブでも代表でも活躍できればいいので」

――上田がさっきちょうど同じことを言ってました!

「そうですか? 上田は賢いですね」

――セルビア戦からの連戦、本当におつかれさまでした。

▽語り手:ショーン・キャロル
1985年イングランド生まれ。2009年に来日。「デイリーヨミウリ」「Jリーグ公式ウェブサイト」などにも寄稿。高校サッカー、Jリーグ、日本代表など幅広く取材している。過去にはスカパーのJリーグ番組出演も。

【了】