焦点は「誰を組み合わせるか」に

U-24日本代表は12日、ジャマイカ代表との国際親善試合を行い、4-0で勝利した。東京五輪本大会のメンバー発表前最後の試合となったこの日は17人がプレー。チーム作りは佳境を迎えるが、U-24日本代表がメダルを獲得するための壁はどこにあるのか。(取材・文:元川悦子)
—————————————————

 6月22日前後に東京五輪最終登録メンバー発表を控えるU-24日本代表。12日のジャマイカ代表戦は選手個々にとって最終アピールの場。ここでのパフォーマンス次第で大舞台に手が届くか否かが決まる。多少のプレッシャーがかかる中での一戦となった。

 そういう意味もあって、横内昭展監督は3日の日本代表戦のように当落線上の選手を中心としたチーム構成で戦うと思われた。が、ふたを開けてみると、吉田麻也、酒井宏樹、遠藤航のオーバーエージ(OA)3人を筆頭に、久保建英、堂安律ら主力が揃って出場。テスト的な意味合いが強かったのは町田浩樹、旗手怜央・三笘薫ら左寄りの面々だった。森保一・横内両指揮官の中では「すでに軸は決まっていて、彼らに誰を組み合わせるか」という段階に入っているのだろう。

 ジャマイカはA代表で、来日から10日程度経っているということで、コンディションのいい状態で挑んで来ると思われた。実際、開始早々の時間帯は彼らがボールを支配。U-24日本代表が受ける展開となった。フィジカルに秀でる彼らは当たりや球際も激しく、なかなか得点を奪えない。久保の20分の左からのシュートがポストを叩くなど、惜しいチャンスもモノにできなかった。

 この膠着状態を打破したのが、飲水タイム明けの32分。酒井宏樹の「裏裏」というアドバイスに久保が反応。敵陣深い位置でスローインを受け、左足で切り返して4人の股を抜く豪快な先制点を奪った。

「審判も再三『始まるよ』と相手チームに促していた。彼らも油断している感じだったので、あえてフラフラしつつ、裏を狙った感じです」

 背番号11は一瞬のスキを巧みに突いたことを説明したが、真夏の猛暑の中で開かれる東京五輪では、こういったプレーが非常に重要だ。コロナ対策でホテルと試合会場だけを行き来するバブルも徹底される中、外国人選手たちが感じるストレスも凄まじく、そのイライラもプレーに出るだろう。

 忍耐力が高く、この環境に慣れているU-24日本代表はやはり有利。それを分かったうえで、OAの3人と久保ら国際経験豊富な面々は攻めどころをいち早く察知した。それは本大会でも徹底すべき点と言っていい。

メダルを取れるかどうかを計る指標

 この1点を境に相手の集中力が切れ始め、前半は遠藤航が豪快なミドルで追加点をゲット。3人を交代して戦った後半も途中出場の上田綺世、頭からいい動きを見せていた堂安が得点した。3点目は三笘と上田の大学時代からのホットラインが生きた形。4点目も後半から出た相馬勇紀が久保からのスルーパスの鋭く反応し、相手をかわして、ゴール前で待ち構えた堂安にラストパスを送るという崩しだった。

 三笘と相馬という2列目左を争う2人がともに得点をお膳立てしたことは特筆すべき点。両サイドやウイングバックもこなせて、リスタートも蹴れる相馬の方が起用機会は多いかもしれないが、果たして森保・横内両指揮官はどのような判断を下すのか。そこがメンバー発表時の最大の注目点になりそうだ。

 終わってみれば4-0、シュート数17対0という圧勝で、本番前の最終テストとしてはやや物足りない試合になった。6-0で圧勝した5日のU-24ガーナ代表戦も同様だが、本大会でメダルを取れるかどうかを計る指標としては不十分だと言わざるを得ない。

 前述の通り、東京五輪が猛暑とコロナ禍のバブルという特別な環境下の大会で、1次リーグの対戦国である南アフリカ、メキシコ、フランスという相手が本来の実力通りの戦いを見せるか不透明な部分もある。強豪国の真の強度や技術、戦術眼を理解しているのはOA3人と欧州5大リーグで戦っている久保、堂安、冨安健洋くらい。遠藤航とのボランチコンビで異彩を放っている田中碧ですら、所属する川崎フロンターレで世界基準を体感する機会はほとんどない。そこは不安要素の1つと言っていい。

 メンバー決定後の7月にはホンジュラス、スペインとのテストマッチが組まれているものの、本番前だけにガチンコ勝負に出てくる可能性は低い。国内組の多くが「未知なる領域」に挑むことになるのだ。

右と左で異なる事情

 そのうえで、チーム全体として個人能力や連携を十分発揮できる関係性をうまく作れるのか。そこは見通しが立たない点だ。

「(遠藤)航君たちはA代表を含めて長くやっているので、どこにいてほしいかを多く喋らずとも理解しているが、(田中)碧とは今回が初めてだったので、碧の特徴を少しずつ理解しながらやっている。(前田)大然君や三笘君も合わせないといけない」

 堂安がコメントしたように、2018年9月の森保ジャパン発足時からOA3人と組んできた彼にしてみれば、同世代の仲間よりも、遠藤、酒井宏樹といった年長者と共演する方がスムーズなのだ。

 実際、久保、冨安含めてA代表の関係性をそのまま持ち込んでいるU-24日本代表の右サイドは、連携が確立されている。一方で左サイド側とは事情が異なる。左MFであれば三笘と相馬、左サイドバックであれば旗手、中山雄太、古賀太陽らをテストし続けているため、連携確立にはまだまだ時間がかかる。三笘・旗手を縦関係で使うにしても、川崎と全く同じというわけにはいかない。

 そのあたりを迅速に解決しなければ、短期間で試合がやってくる五輪は乗り切れない。超過密日程の疲労を考えると、OA3人や久保、堂安をずっと使い続けるわけにもいかないだろう。そこでピッチに送り出される面々の連動性が一気に低下するようでは、高いステージまで勝ち続けるのは困難だ。

メダルへの重要なカギ

 もう1つ、懸念材料があるとすれば、OA3人への依存度の高さではないか。

「OA3人が入ることによって試合が面白くなるし、大人のサッカーにもなる。よりレベルも上がる。融合というよりは、もう助っ人外人みたいな感じです」と久保も彼らへの絶大な信頼を口にしていた。しかし、あくまで五輪サッカーはU-24世代が中心だ。自分たちからアクションを起こし、チームを引っ張る自覚がなければ、仮に年長者たちに出場停止やケガなどが起きた場合、チームの一体感や統率力が低下することにもなりかねない。

 5月31日にOAが初参加した練習時にも、吉田や遠藤航が当たり前のように先頭を走っていたが、本来であれば、これまでのキャプテン・中山らが率先して前に出ないといけない。「先輩についていけばいい」という感覚から若い世代が脱することができるかどうか。それもメダルへの重要なカギになりそうだ。

 かつて2000年のシドニー五輪代表が8強入りし、その大半が2年後の2002年日韓ワールドカップの主力になったように、今回の東京五輪世代は1年半後のカタールワールドカップでチームを牽引する存在にならなければいけない。その高い意識を持つこと。それをこの世代のメンバーには強く求めたい。

(取材・文:元川悦子)

【了】