UEFAユーロ2020(欧州選手権)グループリーグF組第1節の2試合が現地時間15日に行われた。

 満員となったプスカシュ・アレーナではハンガリー代表とポルトガル代表が激突。試合は立ち上がりから前回大会王者がボールを握る展開となり、決定機も何度か作っていた。しかし、GKペテル・グラーチの好セーブが飛び出るなどゴールネットは揺れず。前半は0-0で終えることになった。

 後半もポルトガル代表がボールを支配し続けたが、ハンガリー代表が粘りのある守備でしっかりと対応。前掛かりになったポルトガル代表はカウンターからピンチを招くことも。結局、80分過ぎまでスコアレスという状況が続くことになった。

 しかし、84分にラファエル・ゲレイロがようやく均衡を破ると、それまで粘りを見せていたハンガリー代表の守備が崩壊。87分にクリスティアーノ・ロナウドがPKを沈め、91分にも同選手がゴールネットを揺らすなど、ポルトガル代表が一気に0-3と突き放している。試合はこのまま終了した。

 グループFのもう一試合は、アリアンツ・アレーナ(ドイツ)で開催。ロシアワールドカップ王者フランス代表とブラジルワールドカップ王者ドイツ代表がマッチアップした。

 今大会屈指の好カードで先制に成功したのはフランス代表だった。ポール・ポグバからのパスに反応した左サイドバックのリュカ・エルナンデスがクロスを上げると、マッツ・フンメルスがこれをクリアしきれずオウンゴール。試合開始から20分のことだった。

 その後、お互いに何度かチャンスを作るも、スコアに大きな変化はなく。上記の1点を守り切ったフランス代表が白星発進ということになった。

【ハンガリー代表 0-3 ポルトガル代表 ユーロ2020グループF第1節】

▽得点者
84分 0-1 ラファエル・ゲレイロ(ポルトガル)
87分 0-2 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)
91分 0-3 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)

【フランス代表 1-0 ドイツ代表 ユーロ2020グループF第1節】

▽得点者
20分 1-0 オウンゴール(フランス)