10位:マンC移籍で得点力アップ! ダビド・シルバの後を継ぐ者

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。
———————————————–

FW:フェラン・トーレス(スペイン代表/マンチェスター・シティ)
生年月日:2000年2月29日(21歳)
市場価値:5000万ユーロ(約60億円)
20/21リーグ戦成績:24試合出場/7得点2アシスト

 地元であるバレンシアで頭角を現したが、クラブの財政難も影響し20歳という若さでバレンシアを離れた。マンチェスター・シティでは幼き頃に憧れたダビド・シルバが着けていた背番号21を与えられ、ペップ・グアルディオラ監督からも大きな期待を寄せられている。

 両サイドでプレーできるウインガーで、切れ味鋭いドリブルとスピードを武器にしている。ボールを持った状況でもオフ・ザ・ボールでも自身の特徴を活かすことができ、プレーの選択肢の多さも魅力だ。

 今季の序盤は前線に離脱者が続いたこともあり、センターフォワードで起用される機会が多かった。バレンシア時代は3シーズンで公式戦9得点だったが、今季は得点能力が向上。UEFAチャンピオンズリーグでは3試合連続ゴールを記録し、プレミアリーグでもキャリアハイの7得点を挙げた。後半戦はベンチスタートとなる試合も多かったが、ハットトリックを達成するなどフィニッシュの質の高さを見せている。

9位:両足を使いこなすPK職人

FW:ルーカス・オカンポス(アルゼンチン代表/セビージャ)
生年月日:1994年7月11日(26歳)
市場価値:4000万ユーロ(約48億円)
20/21リーグ戦成績:34試合出場/5得点4アシスト

 敏腕スポーツダイレクターとして知られるモンチの目に留まったルーカス・オカンポスは、2019年夏にセビージャに加入した。アルゼンチンのリーベルプレート出身で、フランスのモナコやマルセイユで実績を残した。

 左右どちらの足でもボールを扱える器用さと、積極的な仕掛けが特徴だ。カットインからシュートに持ち込むことも、縦に切り込んでクロスを上げることもできる。逆サイドからのクロスに対して飛び込んでいくことも多く、相手GKの間合いをずらすフィニッシュのバリエーションにはセンスの高さを感じる。

 右サイドで起用されることの多かった昨季は、公式戦17得点という素晴らしい数字を残した。しかし、左サイドでの起用が増えた今季はゴール数が半減している。どちらでもチームに貢献できるが、右サイドの方が得点に絡むことができるようだ。PKを得意としていることも、得点数の多さにつながっている。

<h2>8位:アーセナルを離れて覚醒した現代型WG

FW:セルジュ・ニャブリ(ドイツ代表/バイエルン・ミュンヘン)
生年月日:1995年7月14日(25歳)
市場価値:7000万ユーロ(約84億円)
20/21リーグ戦成績:27試合出場/10得点5アシスト

 15歳のときにシュトゥットガルトからアーセナルに移り、17歳でプロ契約を結んだセルジュ・ニャブリ。アーセン・ベンゲルは「9番も10番もこなせる。彼は非常に知的な選手だ」と評価し、アーセナルも契約延長を望んでいた。しかし、イングランドでは怪我も多く結果を残せず、ドイツへ戻る決断を下す。ブレーメン、ホッフェンハイムを経てバイエルン・ミュンヘンに活躍の場を移した。

 コートジボワールにルーツを持つニャブリは、細かいタッチでするすると抜いていくドリブルが得意だ。右利きだが、右サイドからカットインして左足で質の高いシュートを蹴ることができる。裏に抜ける動きやロングカウンター時のスプリントでは驚異的なスピードを見せている。

 これといった穴がないのがニャブリの特徴で、ほとんどの項目で80以上という数字を残している。「フィジカル」の数字は少し落ちるが、欠点になるほどのものではない。「空中戦」の競り合いは苦手だが、バイエルン・ミュンヘンの攻撃スタイルではそういった場面も少ない。

 今季は怪我や病気で離脱した期間があったが、5シーズン連続となるリーグ戦2ケタ得点を記録した。ゴールに絡むことができ、守備への意識も高い。現代のニーズに即した万能ウイングと言えるだろう。

<h2>7位:30歳になっても成長を続けるレフティー

FW:リヤド・マフレズ(アルジェリア代表/マンチェスター・シティ)
生年月日:1991年2月21日(30歳)
市場価値:4200万ユーロ(約50.4億円)
20/21リーグ戦成績:27試合出場/9得点6アシスト

 リヤド・マフレズは20代の中盤になって頭角を現した遅咲きのアタッカーだ。代表はルーツのあるアルジェリアを選択したが、自身は生まれも育ちもフランス。育成の名門ル・アーブルでトップチームに昇格し、22歳のときにイングランドに渡った。レスターではプレミアリーグ昇格に貢献し、奇跡の優勝を実現させたシーズンは17得点を挙げる大車輪の活躍を見せている。

 切れ味鋭いドリブルが特徴のレフティーで、レスター時代はマフレズが絡むカウンターがことごとくチャンスにつながっていた。右サイドに大きく張ったところをスタート地点に、ゴールへと向かっていく。独特なボールタッチとカットインからの左足のシュートが得意だが、裏をかいて右足で縦に切り込む巧さもある。

 ストリート出身の独創性にあふれる1対1での仕掛けが魅力だが、歳を追うごとにプレーは洗練されてきている。レスター時代はクラウディオ・ラニエリ監督から守備への貢献を求められ、シティではペップ・グアルディオラ監督の指導の下で攻撃面でのプレーの幅を広げている。2月には30歳となったが、さらに進化を続けている。

<h2>6位:20歳で通算50アシスト達成も、批判を受けた理由は…

FW:ジェイドン・サンチョ(イングランド代表/ドルトムント)
生年月日:2000年3月25日(21歳)
市場価値:1億ユーロ(約120億円)
20/21リーグ戦成績:26試合出場/8得点12アシスト

 マンチェスター・シティのアカデミー出身のジェイドン・サンチョはビッグクラブによる争奪戦の末、17歳のときにボルシア・ドルトムントに加わった。背番号7を与えられたアタッカーは1年目からブンデスリーガでプレーし、わずか4年間で50アシストという驚異的な数字を残している。18歳でイングランド代表デビューを飾ったサンチョには、移籍市場が開くたびにマンチェスター・ユナイテッドからラブコールが届く。

 アジリティに優れたアタッカーで、相手に囲まれた状況でもボールを失わないテクニックは秀逸だ。巧みなドリブルで危険なエリアに侵入し、ラストパスやフィニッシュに繋げる。独力で打開するよりは、マルコ・ロイスやアーリング・ハーランドといった優れたパートナーとのコンビネーションで崩していくのが得意なタイプである。

 今季のブンデスリーガ初ゴールは年明けで、不調だった前半戦は批判を浴びたこともあった。しかし、17歳からトップレベルでプレーしていれば、必ずそういう時期もおとずれるだろう。後半戦は怪我もあったが、最終的には公式戦16得点20アシストという結果を残したのはさすがだった。

【了】