東京五輪男子サッカーが新型コロナウイルスの影響による1年の延期を経て7月22日に開幕した。U-24日本代表は25日にグループA第2節でU-24メキシコ代表と対戦する。初戦はなんとか1-0で勝利したが、森保一監督はメキシコ戦にどのようなメンバーで臨むのだろうか。U-24メキシコ戦の予想スタメンとフォーメーションを紹介する。※U-24通算成績は2017年12月以降の東京五輪世代(現U-24日本代表)のもの

GK

——————————

谷晃生(湘南ベルマーレ)
生年月日:2000年11月22日(20歳)
A代表通算成績:出場なし
U-24通算成績:7試合1失点

 谷晃生は東京五輪初戦となったU-24南アフリカ代表戦に先発出場。南アフリカを0に抑え、初戦白星発進に貢献した。本番直前の試合でも起用されていることを考えると、現時点では大迫敬介よりも序列は上かもしれない。

 190cmの長身を活かしたダイナミックなセーブと、ハイボール処理時の守備範囲の広さには特筆すべきものがある。安定感と凄みを増すそのパフォーマンスに期待がかかる。東京五輪初戦で、その実力を発揮できるか注目だ。

DF

酒井宏樹(浦和レッズ)
生年月日:1990年4月12日(31歳)※OA
A代表通算成績:65試合1得点
U-24通算成績:5試合0得点

 酒井宏樹は初戦のU-24南アフリカ代表との試合にフル出場。圧倒的な存在感で吉田麻也とともにDF陣を牽引。攻撃でも積極的な動きを見せ、日本の1-0勝利に貢献した。

 DFラインと右サイドはいずれもA代表組が占めており、連係面での不安も少ない。また、試合を重ねる度にA代表常連組以外の選手との連係も上がっているだろう。タイミングの良い攻め上がりと精度の高いクロス、フィジカルの強さは酒井の強み。強敵メキシコ相手にどんな戦いを見せてくれるのだろうか。

吉田麻也(サンプドリア / イタリア)
生年月日:1988年8月24日(32歳)※OA
A代表通算成績:107試合11得点
U-24通算成績:5試合1得点

 吉田麻也もU-24南アフリカ代表戦にフル出場。主将としてチームを牽引し、日本の1-0勝利に貢献した。板倉滉との連係も問題なかった。代表通算107試合に出場する吉田の経験がチームにもたらす価値は計り知れない。頼れる主将がチームを引っ張りメキシコに挑む。

 オーバーエイジ(OA)として参加したロンドン五輪では主将を務め、メダル獲得まであと一歩のところまで迫った。北京五輪にも出場しており、今大会が3大会目の出場となる。ロンドン五輪では準決勝でメキシコと対戦し敗戦。この試合で、その時の雪辱を晴らしたい。

板倉滉(マンチェスター・シティ / イングランド)
生年月日:1997年1月27日(24歳)
A代表通算成績:5試合1得点
U-24通算成績:22試合6得点

 板倉滉は負傷の冨安健洋に代わり、U-24南アフリカ代表戦はCBとして先発出場。A代表でもともにプレーする吉田麻也との連係も良かった。しっかりと相手を0に抑え、日本の勝利に貢献した。

 板倉はこの世代を立ち上げた当初から中心メンバーの1人としてチームを支えてきた。2019年1月にマンチェスター・シティが獲得し、この2年半はオランダのフローニンゲンで経験を積んだ。前線への正確なフィードが得意で、3月のU-24アルゼンチン代表戦でヘディングから2得点を挙げるなど、フィジカル面も武器になる。U-24メキシコ代表戦でも守備で貢献できるか注目だ。

旗手怜央(川崎フロンターレ)
生年月日:1997年11月21日(23歳)
A代表通算成績:出場なし
U-24通算成績:26試合7得点

 旗手怜央は、東京五輪初戦となったU-24南アフリカ代表戦に中山雄太との交代で途中出場。左サイドバックにはその中山がスタメンに名を連ねた。メキシコの右ウィングにはディエゴ・ライネスが入ることが予想される。速くて上手い選手をどう抑えるか注目したい。

 元々は攻撃的なポジションを得意とする旗手だが、川崎フロンターレでは左サイドバックに適性を見出した。このポジションの本命が不在だったU-24日本代表でも、本大会への切符を掴んでいる。豊富な運動量や正確な技術、中央でもプレーできる器用さなどは旗手の魅力。メキシコ戦では守備に回る時間も多くなりそうだが、メキシコの強力ウィングを抑えることができるだろうか。