IOC会長の皮肉

1年の延期を経て、東京五輪(東京オリンピック)が開幕した。新型コロナウイルスや酷暑など様々な問題がある中で競技が行われている。ある五輪選手は「これがオリンピックだとは感じられない」と話し、一方では「いったい誰のための、何のための五輪なのか」という疑問を投げかける選手もいる。(文:ショーン・キャロル)
————————————

 蜃気楼のような、決して現実化しない幻影であるかのようにも感じられ始めていた東京五輪(東京オリンピック)が、いよいよ我々のもとにやって来た。

 ついにオリンピックが開催され、アスリートたちが日本に集まり、スポーツの世界で最も強く望まれるタイトルのひとつを手にするため競い始めた。それでも、まだ何かが足りていない。

 大会が開始されても、完全なものではないという空気がある。何かが正しくないという感覚だ。観客不在のままでは、五輪は本当に五輪であるとは感じられない。

「全員が連帯して共にあれば、我々はより速く進み、より高みを目指し、より強くなることができる」。7月23日に東京・国立競技場で行われた開会式でそうスピーチしたIOCのトーマス・バッハ会長は、その自らの言葉が、入場を認められた1000人程度の「オリンピックファミリー」とアスリートたちを除けば無人のスタジアムに響いていたという皮肉には気がついていないようだった。

「だからこそIOCは、オリンピックのモットーを我々の時代に合わせ、『より速く、より高く、より強く―一緒に』とすることを決めた。一緒にいるという感覚、それこそが暗いトンネルの出口の光だ」

 多くのアスリートたちが、早くも素晴らしいパフォーマンスを披露してくれている。堀米雄斗がスケートボード男子ストリートの初代金メダルを日本にもたらし、競泳男子400m自由形ではチュニジアの18歳、アフマド・ハフナウィが勝利を飾り、阿部詩と阿部一二三はわずか1時間の間に兄妹で五輪チャンピオンとなった。それでも、メダリストと共にその勝利に歓喜するファンが会場にいなかったことには落胆を感じずにはいられない。

 開会式の最中も同じ思いだった。

「これがオリンピックだとは感じられない」

 スローテンポでおおむね暗めなセレモニーが観客に閉ざされた会場の中で執り行われる一方で、その数百メートル圏内には数千人が集まり、大会に対するそれぞれのスタンスに応じて少しでも雰囲気を味わおうとしたり開催への抗議を行ったりしていた。

 サッカーに関しても全く同じだ。空席の並ぶ空虚なスタジアムはピッチ上からもエネルギーを吸い取り、何もかもが平坦に感じられてしまう。

 岩渕真奈がカナダから豪快に奪った同点ゴールは札幌ドームの屋根を貫く轟音を生んでいただろうし、南アフリカ戦とメキシコ戦での久保建英のゴールも大音量に包まれていただろう。埼玉スタジアムのネットを揺らした堂安律のPKでテンションは最高潮に達し、爆発的な歓喜の光景が見られたに違いない。だが実際には、聞こえてきたのはブラーの『Song 2』と、選手たちとスタッフの叫び声だけが全てだった。

「観客がいないのは本当におかしな感じです。本当に」。7月24日に100m平泳ぎの競技を終えたあと、英国のアダム・ピーティーはそう話していた。

「それでも、精神的な部分でこれに合わせてやっていくしかない。どういう感じになるのか実際にやってみるまで分からなかった。これがオリンピックだとは感じられない。もちろん、今までと同じじゃない。そういう思いを全てコントロールして、大事な場面でパフォーマンスを発揮できるようにしていくしかない」

 新型コロナウイルスが世界を混乱に陥れたことは間違いない。ユーロ2020(欧州選手権)での、マスクも着けていない何万人ものファンが折り重なるように密集する光景は、ワクチンの摂取と普段どおりの生活を待ちわびる世界中の大多数の人々が見せている自粛の姿と対比すれば眉をひそめるようなものであったことも確かだ。

東京五輪開催が強行されている理由

 だが日本のスポーツ界は過去1年間に、サポーターのスタジアム入場を安全に管理できることを示してきた。人数制限を設け、安全対策を遵守する一定数の観客を各会場に入れることができれば、五輪に対しても、アスリートたちにも、主催者にも、そしてもちろんファン自身に対してもプラスの効果をもたらしていたはずだ。

「五輪をやるにあたって、国民の税金がたくさん使われていると思うんです。なのに国民が見に行けないのは、じゃあいったい誰のための、何のための五輪なのか。アスリートは、当たり前ですけどファンの前でプレーしたい」。日本が大会前の最後の親善試合でスペインと対戦したあと、吉田麻也がそうコメントを述べたことは大きく報じられた。

「家族もそうだと思う。家族も戦っている一員。その人たちが見られない大会で、誰のための、何のための大会なんだろうってクエスチョンがあります」

 誰のため、何のための大会であるか、そしてあらゆる困難と反対を押し切って五輪開催が強行されている理由は、もちろん誰もが分かっている。ファンに対する入場禁止はその事実を強調するものでしかない。本来なら自分たちの最大限の力を出し切ろうとするチームと個々人の祝祭であるはずのイベントが、ほとんど義務であるかのような感覚も強められてしまう。

(文:ショーン・キャロル)

【了】