29年目を迎えたJリーグでは、これまでに数多くの選手がゴールを決めてきた。ベガルタ仙台でも、数多くのゴールが生まれ、クラブの歴史を刻んできている。今回は、ベガルタ仙台でプレーした日本人選手の中から、所属時の得点ランキングを紹介する。※成績はJリーグ通算

—————–

5位:ベガルタ生え抜きの日本代表プレーヤー

関口訓充
生年月日:1985年12月26日
Jリーグ通算成績:353試合/27得点
在籍時期:2004-12, 18-

 現在も所属する関口訓充が、ベガルタ仙台の歴代日本人得点ランキングで5位だ。ここまで353試合に出場して27ゴールを挙げている。

 関口は2004年に帝京高校からベガルタに入団。徐々に出番を増やすと2008年は主力として活躍し、6ゴールを記録した。その翌年は得点数が減ったものの、アシストなどでさらに貢献度を高めてクラブのJ2優勝に貢献している。

 この活躍が評価されて2010年に日本代表に呼ばれると、2013年には浦和レッズに引き抜かれた。2018年には6年ぶりにベガルタに復帰した。

4位:ベガルタで開花した日本屈指のFW

佐藤寿人
生年月日:1982年3月12日
Jリーグ通算成績:74試合/29得点
在籍時期:2003-04

 ベガルタ仙台の歴代日本人得点ランキング4位は、佐藤寿人だ。2年間の所属で29ゴールを挙げている。

 サンフレッチェ広島の同ランキングで首位の佐藤寿人。そのブレークのきっかけとなったのが、ベガルタでの活躍だ。2003年にベガルタに加入した佐藤寿人はJ1で9ゴールを記録。2年目はJ2で20ゴールの大暴れを見せて、サンフレッチェに引き抜かれている。

 佐藤寿人の才能を開花させたベガルタ。ファンにとっても鼻が高いことだろう。

3位:アントラーズからやってきたFW

中島裕希
生年月日:1984年6月16日
Jリーグ通算成績:181試合/31得点
在籍時期:2006-11

 中島裕希がベガルタ仙台の歴代日本人得点ランキング3位だ。181試合で31得点を記録した。

 2003年に鹿島アントラーズに入団してプロとしてのキャリアを始めた中島。当時は層の厚いアントラーズで出番がなく、リーグ戦でのゴールはなかった。

 それでも2006年にベガルタに期限付き移籍で加入すると、1年目に5ゴールを記録。47試合に出た2年目には10ゴールを決めて、存在感を示している。その後完全移籍に切り替わり、2011年までプレーした。

2位:ベガルタ一筋のサイドバック

菅井直樹
生年月日:1984年9月21日
Jリーグ通算成績:389試合/40得点
在籍時期:2003-18

 ベガルタ仙台の歴代日本人得点ランキング2位は、菅井直樹だ。389試合の出場で40得点を挙げている。

 右サイドバックでの出場が主だった菅井は、サイドバックらしからぬ攻撃センスが特長の一つで、神出鬼没にゴール前に現れては得点を増やしていった。

 2003年の入団から2018年の現役引退までベガルタ一筋。クラブの歴史において大きな存在の一人だ。

1位:2年連続2ケタ得点

赤嶺真吾
生年月日:1983年12月8日
Jリーグ通算成績:135試合/44得点
在籍時期:2010-14

 ベガルタ仙台で最も多くのゴールを決めた日本人選手は、赤嶺真吾だ。135試合に出て44得点を挙げている。

 2005年にFC東京でプロキャリアを始めた赤嶺は、出場機会の減少もあって2010年途中にベガルタに加入。1年目に4ゴールを挙げると、2年目は14ゴールのキャリアハイを達成。3年目も14ゴールを挙げ、レギュラーとして活躍した。

 44得点という数字は、ベガルタ歴代3位のゴール数。1位は梁勇基の76ゴール、2位はマルコスの55ゴールだ。