いよいよ舞台は決勝トーナメント

 U-24日本代表は31日、東京五輪(東京オリンピック)・準々決勝でU-24ニュージーランド代表と対戦する。勝てばメダル獲得の可能性がグッと高まるが、若き森保ジャパンはどのようなパフォーマンスを披露するだろうか。

——————————

 U-24日本代表は28日に行われた東京五輪(東京オリンピック)・男子サッカーのグループリーグA第3節、U-24フランス代表戦を4-0で快勝。この結果、グループ無傷の3連勝となり、首位でのベスト8入りが確定している。

 そして本日31日より、いよいよ舞台は一発勝負の決勝トーナメントへと突入する。メダル獲得を目指すU-24日本代表の最初の相手は、U-24ニュージーランド代表。U-24韓国代表、U-24ルーマニア代表、そしてU-24ホンジュラス代表と同居したグループBを2位で通過した、いわば今大会のダークホース的存在だ。

 では、ここからはU-24ニュージーランド代表戦のスタメン案を紹介する。

 GKはグループリーグ全試合でゴールマウスを守った谷晃生。前回のU-24フランス代表戦では出番こそあまり多くなかったが、セーブすべきポイントでしっかりと仕事を果たしていた。U-24ニュージーランド代表の前線には長身選手が多く揃っているため、準々決勝ではとくにハイボール処理でどれだけ安定感を示せるかが重要となってきそうだ。

 右サイドバックは累積警告で出場停止となる酒井宏樹に代わり橋岡大樹。U-24フランス代表戦では途中からピッチに立ち、攻守において悪くないパフォーマンスを披露していた。身体能力の高さは確かなものがあるので、とくに対人戦では一度も負けないくらいの強さを発揮してほしいところだ。

 ニュージーランドの最前線にはプレミアリーグで活躍する長身FWクリス・ウッドがいる。彼の一発はやはり怖く、U-24韓国代表はその犠牲となっていた。

 そんなウッドを封じ込めるということ、またトーナメントでは一つの失点が命取りになると考えると、センターバックに吉田麻也と冨安健洋の鉄壁コンビは外せないだろう。吉田はここまで全試合出場、冨安は怪我明けとお互いに心配な要素はあるが、日本が高みを目指す上でやはり彼らは欠かせない戦力である。

 左サイドバックはここまで全試合出場の中山雄太に代わり旗手怜央を推す。恐らくU-24ニュージーランド代表は長い時間自陣に引き一発を狙ってくる。その中で旗手の非凡な攻撃性能が必要となる場面は必ず訪れるはず。前回のフランス戦のパフォーマンスが良かったことも、スタメンに推す一つの理由だ。

遠藤航と堂安律はベンチスタートでも…

 U-24フランス代表戦では酒井がイエローカード一枚をもらい、累積警告により準々決勝に出場することができなくなった。やはり、カードを貰ってはいけないと意識しながらも、その時の状況などによっては避けられない場合もある。そう考えると、累積リーチとなっている選手の起用法も重要となってくる。

 準決勝で中盤の要である遠藤航を欠くという最悪の事態だけは避けたい。そのため準々決勝では累積リーチの背番号6をベンチに置き、板倉滉をボランチで起用してもいいのではないだろうか。遠藤を外すということはもちろんリスクも伴うが、メダルを取るためにここで思い切った決断をすることも重要だ。

 その板倉の相棒は田中碧。同選手はここまで全試合でピッチに立ち累積リーチもかかっているなど懸念点は多いが、やはり引いてくると予想される相手にその非凡なパススキルは必要となってくるはず。もちろん、試合状況によっては早い時間にベンチへ下げるという選択をしてもいいだろう。

 右サイドはこれまで堂安律が主軸を担ってきたが、U-24フランス代表戦ではパフォーマンスレベルがやや低下しており、累積もリーチ、さらにここまで2列目の選手では唯一全試合で70分以上プレーしているなど疲労の面も心配される。そのため準々決勝では、U-24フランス代表戦で1得点し勢いのある三好康児を先発。堂安を状況によって切り札で起用するということがあってもいいはずだ。

 U-24ニュージーランド代表の守備ブロックを攻略する上で、やはり久保建英の力は欠かせないだろう。前回のU-24フランス代表戦では前半のみの出場。この準々決勝でも、試合展開によっては同様の使い方ができるはずだ。

 そして左サイドに推すのは三笘薫。Jリーグで無双する男のドリブルは、相手の最終ラインに綻びを生み出す意味で不可欠なものとなるはず。同じく先発に推す田中、そして旗手との川崎フロンターレトリオ(田中はデュッセルドルフ移籍が決まったが…)の連係もまた、ニュージーランドを苦しめる要因になり得る。

 ワントップは上田綺世だ。より裏のスペースがある方が活きる前田大然や攻守においてパワフルな林大地よりも、抜群の動き出しやポジショニングセンス、そして確かなシュート力を持つ上田の方がニュージーランドに通用する可能性が高い。前回のU-24フランス代表戦での出来が良すぎただけに、準々決勝でも期待がかかる。