異なるスタイルと膠着する試合

U-24日本代表は7月31日、東京五輪(東京オリンピック)男子サッカー・準々決勝でU-24ニュージーランド代表と対戦し、0-0のまま突入したPK戦で準決勝進出を決めている。グループリーグ第3戦でU-24フランス代表から4得点をマークした攻撃陣は沈黙。U-24日本代表はあるものを見失っていた。(文:西部謙司)
———————————–

 対照的なプレースタイルの激突だけに噛み合ったゲームだったが、PK戦まで持ち込めたという点ではU-24ニュージーランド代表のペースだったかもしれない。

 3-1-4-2のニュージーランドに対して、U-24日本代表は3バックにさほどプレスにはいかず、林大地と久保建英はアンカーへの供給路を断つ。サイドへ展開させたところで寄せて守備のスイッチを入れれば、ニュージーランドは縦へ浮き球のパスを蹴るだけ。ビルドアップのパターンがそれしかないのを読み切ってボールを回収していた。

 一方、U-24日本代表の攻撃もニュージーランドの球際の強さに阻止される。10分に林のDFとGKの間を通したロークロスに遠藤航が合わせたが枠外。これが最初の決定機だった。31分にも久保の突破からのクロスを堂安律が狙ったがやはり枠外。ニュージーランドは5バックで引いているが、フラットなのでGKとDFの間が空きやすく、俊敏性ではU-24日本代表が上なのでサイドをえぐればチャンスになった。34分にも相馬勇紀のプルバックを堂安がシュートしたがこれも入らず。3つの決定機を逃したことで試合は膠着していった。

ロングボールしかないNZ。流れが変わったのは…

 ニュージーランドの3バックのボール保持は放置しつつ、サイドでしっかりプレスをかける。あるいは、サイドハーフがDFへプレスしてサイドバックがサイドのプレスを受け持ち、全体を前へ上げた形でプレスする。どちらにしても相手はプレスされるとロングボールしかなく、吉田麻也と冨安健洋の力量からすればボールの回収は容易だった。

 ところが、49分にニュージーランドのCBウィンストン・リードが負傷交代して流れが変わった。代わりに入ったカラム・マッコワットはトップ下に入り、フォーメーションが4-1-3-2になる。これでU-24日本代表のプレスがハマらなくなった。寄せきるポイントが見えなくなり、ニュージーランドのペースになっている。

 原因がアクシデントとはいえ、日本代表はこうしたフォーメーション対応があまり上手くない。アジカカップ決勝のカタール戦や強化試合のメキシコ戦もそうだった。ただ、今回はさほど焦らずに一時的に撤退して傷口を最小限に抑えた。ニュージーランドも配置の優位性を生かすことができず、70分あたりからは再びU-24日本代表が攻め込む流れに戻っている。

 76分に橋岡大樹のクロスから旗手怜央がヘディングシュート、82分には堂安律のクロスを上田綺世が至近距離からシュートと2つの決定機を作る。しかしこれも決まらず、延長戦に突入した。

三笘薫の活かし方もいまひとつ

 延長前に相手の配置と守備対応を確認して混乱はなくなる。半面、攻撃はドリブルでこじ開けようとして引っかかるケースが続いてリズムに乗り切れない。田中碧から板倉滉に代わったことで守備の安定感は出てきたが、パスワークの流れが鈍る。

 104分にはニュージーランドが左サイドのクロスから決定機をつかむが、フリーで受けたエライジャ・ジャストが足を滑らせて事なきを得た。上田、久保建英、堂安、板倉、冨安がシュートを放つがGKマイケル・ウードの攻守もあって入らない。0-0でドローとなり、PK戦で準決勝に進むことができた。

 U-24日本代表の攻撃は時間の経過とともに個での勝負が多くなり、それも相手の守備の固さもあってそれほど効果がなかった。延長から三笘薫を投入したが、三笘の活かし方もいまひとつ。とりあえずボールを渡すという以上のものは見えなかった。

 準決勝で対戦するスペインはニュージーランドとは全く違うタイプで、U-24日本代表と似ているが力量は1枚上手だ。我慢を強いられる展開になりそうである。一方で、カウンターアタックのチャンスもあるはずで、そのほうが個の力は発揮しやすい。ニュージーランド戦のように守備のスイッチを入れる場所を見失うと一方的に押し込まれる。ただ、U-24日本代表に対してニュージーランドが引き分けたように、U-24日本代表にもチャンスはあるはずだ。

(文:西部謙司)

【了】