UEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ8試合が現地時間28日に行われた。パリ・サンジェルマン(PSG)はホームにマンチェスター・シティを迎え、リバプールは敵地でポルトと対戦。ACミランはアトレティコ・マドリードをホームに迎え入れた。

 PSGはリオネル・メッシ、キリアン・ムバッペ、ネイマールが先発し、ホームでマンチェスター・シティと対戦。8分、ムバッペからのエリア内での折り返しをネイマールがボールをうまくミートできずに1度は流れるも、イドリッサ・ゲイエがうまく拾い、そのまま冷静にゴールに流し込み先制した。1点リードで前半を終えたPSGは74分にメッシがPSG初ゴールとなる追加点をあげ、2対0で勝利した。

 PSG、シティと同組のRBライプツィヒは、クラブ・ブルージュを相手に前半5分に幸先よく先制するも、前半のうちに2ゴールを奪われ、そのまま試合終了。グループステージ2連敗となった。

 グループDのレアル・マドリードはホームで、予選から勝ち上がってきたモルドバのシェリフと対戦。カリム・ベンゼマやエデン・アザールなどが先発するも、25分にシェリフのヤフシボエフにゴールを決められ、1点ビハインドで前半を終える。あと一歩のところでなかなかゴールが奪えないレアルは65分、ベンゼマのPKで同点に追いつく。その後は1対1の状況が続くも試合終了間際、シェリフのセバスチャン・ティルがゴールをこじ開け、レアルは1対2でまさかの敗戦となった。

 ACミランはホームにアトレティコ・マドリードを迎えた。ラファエル・レオンが前半20分にゴールをあげ、ミランが先制した。フランク・ケシエが2枚目のイエローをもらい前半で数的不利に立たされたミランは、後半44分アントニオ・グリーズマンにゴールを決められ同点にされる。さらに後半アディショナルタイムにルイス・スアレスにPKでゴールを奪われ、前半のリードを守りきれず1対2で敗戦した。

 リバプールはポルトを相手に、モハメド・サラーのゴールで18分に先制。前半終了間際にはサディオ・マネのゴールが生まれ、前半のうちに2点のリードをする。その後、60分にサラーが再びゴールネットを揺らす。ポルトも75分に1点を返すも後半途中出場のロベルト・フィルミーノが2ゴールをあげ、5対1で試合を終えた。日本代表の南野拓実は66分にマネと交代して出場した。

 グループCのアヤックスは、ホームでベシクタシュを相手に前半で2得点を決め、そのまま試合終了。グループリーグ2連勝を飾った。同組のドルトムントはスポルティングCPを相手に前半37分のドニエル・マレンのゴールを守りきり、1対0で試合を終えた。前節、レアル・マドリードに敗れたインテルはシャフタール・ドネツクと対戦し、0-0のスコアレスに終わった。

<strong>【結果一覧】</strong>
アヤックス 2-0 ベシクタシュ
シャフタール・ドネツク 0-0 インテル
パリ・サンジェルマン 2-0 マンチェスター・シティ
RBライプツィヒ 1-2 クラブ・ブルージュ
ポルト 1-5 リバプール
ACミラン 1-2 アトレティコ・マドリード
ドルトムント 1-0 スポルティングCP
レアル・マドリード 1-2 シェリフ・ティラスポリ