J3のFC岐阜は18日、同クラブに所属する元日本代表MF柏木陽介に対してインターネット上で脅迫などを含む不適切な書き込みがあったとして警察に被害届を提出していたこと、容疑者が特定されたことを明らかにした。クラブ公式ウェブサイトにおいて声明を掲載している。

 クラブによれば、柏木に対しては今年6月頃に「生命身体への脅迫等を含む不適切な書き込み」があり、本人とクラブが相談の上で6月10日に所轄の警察に被害届を提出したとのこと。今後の対応を協議した結果、再発防止のため状況を発表することを決めたと説明している。

 当該の投稿内容は「極めて卑劣な内容であり到底許されるものではありません」とクラブは強く非難。Jリーグやクラブが各種の啓発活動を実施する中でこのような事案が発生したことは「誠に残念」であるとして、今後も同種の事案に対しては毅然とした対応を取る意思を表明している。

「インターネット上に書き込みされた事案で僕自身や家族は不安に感じておりました。この度、容疑者が警察の捜査により特定されたことから、今後は安心して生活することができますのでご報告させていただきます。このような行為は絶対に許されるものではありませんので、人を傷つけるような書き込みが無くなるように願っています。最後になりますが、この場を借りて、通報して頂いた方に御礼を申し上げます」と柏木はクラブを通してコメントしている。

 柏木は昨季まで11シーズンを浦和レッズで過ごしたあと、今年3月に岐阜へ完全移籍。今季J3では13試合に出場して1得点を記録している。